Home > Archives > 2018-05

2018-05

MOVからMP4

ZOOMのq2nを購入する前にはもちろん事前調査をしていて、録画形式がMOVであることや、録画時間が長くなると自動的にファイルが分割されることは把握していた。

が、いざ、昨日のライブの動画をMP4に変換しようと思うと、ファイルをq2nからPCに移すところから戸惑い、これらの機器間に合うケーブルを探すのに四苦八苦――あ、あった。

が、これはまだ苦難の入り口に立ったところであった。

PCに入っている動画編集ソフトでは、MOVが読めないΣ( ̄ロ ̄lll)!
映像は映るのに音が出ないのだ。

ならば、と色んなフリーソフトを検索してインストールして試してみるも、ことごとく玉砕。

体験版だから透かしが入るのはハナっから却下だが、それも一度試してみないと分からない。
できたと思ったら、何故か最初の5分ほどまでしかできていなかったり、やっといいのを見つけた!変換もできた!MP4ファイルが生成された!と思って再生も無事にできたのを確認したのに動画編集ソフト内ではめちゃくちゃ早送りの再生しかできなかったり、なんでこんなことが起こるの?という色んな現象を経験できてしまった。

こらアカン、と2号ちんを連れてエディオンにソフトを探しに行くも、いいのが見つからずに断念。

で、さらに家で色々試してみて、MOVを一旦WMVに変換した後、そのWMVをMP4にするとやっと成功。

今日は嫁さんが友達のお葬式に出かけていたので、間に2号ちんの相手をしたり、晩飯の買い物に行ったり、風呂掃除をしたり、晩飯を作ったり・・・家事をしながらの動画編集で一日が終わってしまったのであった。

もう覚えたので、今日くらいの編集作業なら、次回は1時間もいらんくらいやぞ。

天下一音楽祭

音友ちぃちゃんが主宰の『天下一音楽祭』に出演!
何とまあ、関東から3バンド、関西から3バンドのイベントである。ちぃちゃんの人脈がどれだけ凄いかを思い知らされましたわ。

メンバーのギタリストでカズちゃんは関東の人で、今回は東軍のバンドでも、西軍の我がウナコーワでも出演するんだけど、午前中に大阪入りしたらしく「ランチはどう?」のお誘いがかかる。

京橋の駅構内で30分待たされたものの、無事に合流し、いきなりビールを3本くらい呑んだ。

で、14時ちょっと前に会場入りし、早速リハ。何かめっちゃ慌ただしくてあっと言う間に終わり、僕は一旦会場を離れてゲストハウスへチェックイン。打ち上げが22時から始まり、到底終電でも帰れそうにないので泊まることにしたのだ。

ちょっとベッドでゆっくりして、2時間後に会場へ。

17時半、開演。まだお客さんは半分くらいの入りか。てか、今回は出演者以外の純粋なお客さんはほとんどけーへんのかな?

と思っていると、バンドが進むにつれてお客さんも増え始めた。
後半戦に突入する頃には超満員。のべで100人近く入ったんじゃなかろうか。

ウナコーワは大トリで、予定よりちょっと遅れて21時半近くのスタート。開場からここまで4時間ちょっとをビール2杯とレッドアイ1杯とハイボール1杯で乗り切ったので(つまり、呑み過ぎずに自制できたので)、演奏はいい感じで楽しめた。そりゃー色々と間違えはしたけれど。

今回はとにかくこれだけの人間を動かす力を持つちぃちゃんに圧倒された。ライブハウスの予約はもちろんだけど、進行表とか、お金の管理とか、バンドの衣装とか小道具とか、そういう準備もこなして、さらには打ち上げの居酒屋まで押さえて、当日の人数変更にも対応して、これだけのイベントを成功裡に終わらせたパワーは凄い。

打ち上げでは東軍の出演者とも何人かお話できたし、とにかくめっちゃ楽しかったです。

ウナコーワ

アメフト問題

日常生活において書くネタが見つからんので、久しぶりに時事的な話題を。

日大と関学のアメリカンフットボールの試合で、日大の選手が相手に怪我をさせるのが目的のタックルを敢行した。プレーが途切れた数秒後に、相手が力を抜いて油断している状態の後ろからの危険なタックル。

タックルを受けた関学の選手は全治3週間の怪我。

最初は「何ちゅー選手や!」と思ったが、色んなニュースを見ていると、どうやら監督の指示だったらしい。

いくら監督に指示されたからと言っても、さすがにそんなことはしたらアカンと自分で判断でけへんかったんかいな、と思ったが、僕たち外野が想像できないようなプレッシャーを監督だけでなくコーチからも受けていたらしい。

・・・とまあ、自分を含めての世間は報道機関が出す情報にかようにも左右されるんやなあ、と思い至った次第。

で、連日のニュースを見つつ、結局のところ日大の監督が一番悪いってことが分かりましたとさ。

しかしまあ、事件後すぐに謝罪もせん、経緯の説明もせんって、常識人としての行動やらモラルやら、これだけなぁんも持ち合わせてない人がいることにビックリ・・・まあ、そういう人間やから事件を起こしたんだろうけど。

追っかけストリート

嫁さんの友達が危篤だという連絡が昨夜あり、今日は午後から出かけるとのこと。
そうなると僕が娘たちのために晩飯やら風呂やら何だかんだと家の用事を担当しなければならなくなったので早退することにした。仕事時間中に早退するのは何かちょっと後ろめたかったので、昼から退社することに。

で、西宮までの電車の中でSNSを見ていると、ちょうど今三宮で音友さんがストリートライブを敢行しているという情報がっ!

1時間やそこら帰宅が遅くなったところで問題ないので、西宮を素通りして三宮へ。

いきなり歌ってる正面に現れると、ビックリしてた(笑)。

一通りライブを聴いて家に帰った後は、明後日のライブに向けて鍵盤の猛練習~。それから、早速届いたハンディレコーダーの試し撮り~。

なかなか有意義な半休やったやんか・・・けど、嫁さんの友達は結局亡くなったとのこと。合掌。

ハンディレコーダー

先日の『まめおん』で、家のビデオカメラでラーメン屋のステージを録画した。天満音楽祭にエントリーするために動画が必要だったからだ。

ところがYouTubeにアップした動画をイヤホンで聴いてみると、何だか音が揺れている。そういえば録画した画像をMP4に変換すると映像と音声が少しずれていた。動画編集ソフトで編集すると直ったのだが。

とにかく、突発的に、手軽なビデオレコーダーが欲しくなったのだ。音楽専用の。

で、色々調べた結果、ZOOMのq2nを購入することにした。どちらかというと音の品質を重視した製品で、音楽を目的とする以上、画質はそんなにこだわらなくても問題ない。

Amazonで16,500円。

早速週末のライブに使いたくなったので、明日届くように無料お試しプライム何ちゃらを利用してみた・・・が、これって、1ヶ月以内に解約しないと翌月から毎月お金が引き落とされんのかな?

史上最多のビギナーズナイト

覚え始めた米津玄師の2曲を練習がてら弾き語ろうと思い、GALWAYのビギナーズナイトへ。

外呑みで9%のチューハイ350mlを充填した後、19時20分頃にいい気分で扉を開けるとビックリ。すでに20人以上のお客さん。こんなことは初めてである。

何か団体さんでも来てるんかいな?と思ったら、数名のグループがいくつか来ているものの、偶然の超満員らしい。

しかも、その後も続々来店され、延べ33人。ビギナーズナイトとしては新記録じゃなかろうか。

そんな中、若者向けの米津玄師を知っている人はあんまりいないのでざわつく客席に向かって『Lemon』と『灰色と青』を弾き語った。覚えたてにしてはまあまあいい感じ。

しばらくはこの2曲がヘビロテやな。

天満音楽祭エントリー

弾き語り中心の音楽活動をするようになって、音友も増えて、そうすると結構あちこちで『音楽祭』や『フェス』なるものが開催されていることを知った。

いつかは応募してみたいと思いつつ、たいていは数ヶ月から半年前に募集が始まり、これまでずーっとすべてのそういうイベントへの応募はぼーっとしている間に締め切られていた。

次こそはっ!ということで狙っていたのが10月末に開催される『天満音楽祭』。応募締め切りが5月20日なので、まだ間に合う!・・・と、初めて応募したのだ。

複数のユニットでは応募できないので、最近よく活動しているラーメン屋で応募。

さあ、審査に通過するんでしょうかね~。

花屋に2回

嫁さんが午前中から出掛けたので、ようやく心置きなくフォルヒギターに向き合った。いやいや、やっぱりエエ音やがな~!下取りに出したマーチンよりははるかに良い。マーチンもネックの反りを修理すればいい音に戻ったのかも知れないが、後ろは振り向かない(笑)。

毎年のように、母の日はカーネーションを買ってばあちゃん家に行くのだけれど、ついついギターが楽しくて家を出るのが遅くなってしまった。しかも、雨。

2号ちんを連れて車でコープに行き、2000円のカーネーションの鉢を購入。時々この花屋さんで花を買うので、顔を憶えられているみたい。

ばあちゃん家で数時間過ごした後、頼まれた買い物があったので再度コープへ。
そしてさらに、再度花屋さんへ。

今度は娘二人から嫁さんへのカーネーションである。お金を出すのは僕だが。しかも、子供からってことで、270円の花束。

花屋さんはどう思ったかなあ(;^_^A。

感動のイベント

音友まめぞうさん主催の『まめおん』にラーメン屋として出演。

今回趣旨はまめぞうさんがお気に入りをミュージシャンを集めました、というコンセプトで、そんなところに呼ばれるとは光栄至極である。

我々ラーメン屋の他の対バンは5バンド。どのバンド、ユニットもとてもいい感じであった。特に最後にまめぞうさんのオリジナルにパワーコーラスユニットのmorfasが合わせた『おやすみ』は感動だったなあ。まめぞうさんはとにかくいい曲を作るのだ。

ラーメン屋はまだライブ慣れしていないこともあって、特に僕はところどころ間違えてしまったが、今後はこの間違いを“本番でも”減らせるように精進しなければ。

バラエティに富んでいて飽きないイベントだったので、長丁場にも拘らずあっと言う間に終わってしまった。

イベント後は相方の明菜ちゃんと、音友のマリリンと居酒屋で2次会。楽しい1日であった。

ラーメン屋集合写真

出荷のお仕事

もう品質保証の仕事ではないような気がするが、出荷担当部門を我が部署に入れてもらったのだから仕方がない。

何で品証の部門長がこんなことしてんのやろ?・・・と、思いつつ、出荷実績をできるだけ簡単に集計できるようにあまり得意でもないエクセルの関数を調べ倒し、テーブルを作り、部下に使い方を説明し、かと言って短時間で仕上げようと思うと自分しか出来ないワケで、何とか今年の1~4月までの出荷実績のデータを纏めた。

こういう裏方的な業務は生産性向上のためにも必要だし、誰も出来ないのなら自分でやるしかなけれど、かと言って上司に評価されるのかというとそうでもないのである。

フォルヒデビュー

ようやくおニューのギターを取りに行ったのだ。
ノー残業デイでもないのに定時に会社を出て心斎橋へ。楽器屋さんに到着したのは18時。特に問題もなくフォルヒギターを引き取った。

ハードケースが重いが心は軽い。

そのままGALWAYに行き(ちなみに今宵は嫁さん公認)、早速チューニング。

オープンマイクの順番が回ってくるまでの30分が長かったこと!

ようやく順番が来て、ケーブルを繋ぎ、音を出す―う~ん、いい音。
が、何を思ったのか今宵はこれまで家でも弾いてみたことがない米津さんの曲を2曲弾き語ったので、気持ちが演奏の方に向いてしまい、肝心のギターの音はそんなに分からなかった。

2巡目は22時を過ぎてから回ってきて、今度は生音で弾いてみたんだけど、そんなにいい音かなあ?と、疑問符が付く・・・のだが、音友さんたちは「良い音っ!」と褒めてくれた。

今回は演奏に重心を置いてしまったので、週末は家でゆっくりと音を楽しんでみましょう。

アルコール入りリハ

今宵はまっすぐ帰るつもりでいたのだけれど、音友のまめぞうさんとマリリンが21時からTREKさんで練習するというメッセージが昼間に届いた。今週の土曜日まめぞうさんが主催する音楽イベントの練習なのだそうだ。

う~む、それなら僕も行きたい。そして、明菜ちゃんはいないけどソロで練習しておきたいなあ、と、カバンの中を見てみると、何とまあ、セトリの楽譜が全部入ってた。

ってことでまずは外呑みで9%のチューハイ500ml缶を空ける。ビールに換算したら3~4杯呑んだことになるんちゃうかな?

TREKさんに着いてもすぐにビールを呑み始め、お二人が来るまでに練習したピアノは中の中の出来。

よし、本番では出番までにビール2杯までなら大丈夫、ということが分かったゾ。

保護中: 憎めないキャラ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

お楽しみ先送り

昼休み前に楽器屋さんから電話があった。
ピックアップ取り付けが完了したので、いつ取りに来てくれてもいいですよ、と。

ちょっと考えた末に、
「10日の木曜日に行きます」
と答えた。

今日は一日中雨というのも一つ、でもそれより、平日に取りに行ってもどうせ家で弾かれへんやん、というのが大きい。

なので、木曜日に取りに行ってその足でGALWAYに寄り、早速オープンマイクでニューギターを披露しよう、という作戦なのだ。

楽しみだなあ♪

当たり前のリハ後呑み

ユニコーンコピーバンド、ウナコーワのリハ

今年になって2回目だけれど、僕にとってはこれが最後で本番は2週間後。ちなみに来週もリハがあるのだけれど、僕は別のイベントに出演予定なのでたった2回のリハを経て本番、ということになる。

が、皆さん上手だし、自分もそこそこは練習してきたので何とかなりそうである。

12時に始まったリハは15時に終わり、メンバーの二人は帰っていった。

残ったのはお馴染みのメンバーで、バンマスでありボーカルのちぃちゃんと、関東の呑兵衛ギタリストのカズちゃんである。

いつものように3人で居酒屋へ。15時過ぎから呑むのである(笑)。

行った先は24時間営業の、まさしく場末の居酒屋という雰囲気の呑み屋だったが、意外にも注文した食べ物がどれもこれも美味かった。

カズちゃんは21時の新幹線で関東に帰るし、そもそも明日から仕事が始まるので18時にお開き。

これで今年のGWはおしまい。何だかんだで楽しかったなー。

出石日帰り旅行

今年のGWはどこにも泊りがけの旅行に行かないので「出石に日帰り旅行行こか?・・・皿そば食べに」と提案したのが2~3週間前。

嫁さんもその提案に乗ってくれたので、朝8時半に家を出て出石へGO!

片道2時間半の道のりだけれど、道は空いていた。

これまではカニ旅行の帰りに寄っていたので、朝飯をたらふく食べた後で皿そばはそんなに食べられなかったが、今回は違う。

結果、僕と2号ちんが16皿、嫁さんと娘ちんが14皿。

僕も2号ちんも頑張れば20皿いけたと思うが、後でデザートを食べる予定にしていたのでここまで。

ちなみに、小学生は15皿を食べると『認定書』がもらえる。小学3年生の女の子やのに16皿食べた2号ちんはさすがであった(笑)。

帰りに三田のアウトレットモールに寄り、晩飯は王将でこれまたたらふく食べた。

往復5時間の運転は疲れるけど、いい家族サービスになりましたとさ。

ミカと愉快な仲間たち

新しいギターを手にするにはまだ一週間近くかかるので、今日のライブイベントには生ギターのS.Yairiを持っていった。

で、UGOさんで開催の『ミカと愉快な仲間たちVol.1』に出演。

自分の出番になり「今日は生ギターなんでマイクお願いします~」と、言ってジャラ~ンと鳴らすとマスターのUGOさんが「めっちゃ鳴りますねっ!」と驚いていた。

そうだろ?鳴るのだよ、YD-42は。

レパートリーはなかなか増えていないのでこれまでやったことがある曲の中から4曲をギターで弾き語り、最後は主催者の美歌さんとのコラボ。僕がピアノを弾いて美歌さんが二胡で合わせてくれた。

結構練習したつもりなのに、やっぱり途中で緊張が高まって間違えてばかり。

この曲、7月も別の場所でやるんやけど大丈夫かいな。

弾き語り

学院祭の弁当

今年もこの時期に娘ちんの学校の学院祭。

これまでの経験により、昼頃に行くとお弁当が売り切れているので、11時に到着。先に弁当を買う。

いつも思うのだが、この弁当が高い。
今回は僕は『焼肉弁当』にしたのだが、これが800円もする――ってだけじゃそうでもないが、上げ底だし、量がとにかく少ない。ご飯の量にするとおにぎり2個分もないのではなかろうか。

私立やからしゃーないのかなあ。

嫁さんが金券を2000円分購入したが(ちなみに弁当は現金払い)、バスボム100円、チャリティキャンディ200円、そしてゲーム4回x50円=200円・・・ってことで、500円使っただけであった(笑)。

てことで1500円分を払い戻し。

2号ちんは昨年に引き続いて無料の8種類の色のスライムをゲットできてご機嫌であった。

フォルヒゲット

昨日、帰宅後に家で調べまくったのだ――Furch(フォルヒ)について。

チェコのメーカーで、まだ創業して40年も経っていない。日本に入るようになってからでも15年ほど。

ところが、評判がすこぶる良い。コストパフォーマンスが高い、とのこと。20~30万円のギターが他のメーカーの40~50万円レベルのギターくらいの音を出すという。

高コストパフォーマンスと言えば、僕が持っているS.YairiのYD-42もそれを理由として買った。中国製だからとして敬遠されがちだが、いい音が鳴るという評判通りであった。

どこぞで安く手に入らんもんかと調べると、梅田でG23の新品とG22の中古を売っているギター屋さんを見つけた。ちなみに昨日三宮で試奏させてもらったのはG23。

早速行って試奏させてもらったが、G23とG22の違いが分からん(;^_^A・・・すると、店員さんがこんな商売っ気のないことを言う。
「G23とG22は同じと思ってもらっていいですよ。G23の方がデザイン的に見栄えがするので高いですが、音はほとんど同じです。なので、G22がオススメです」

G23は新品で23万円。G22は中古で13万円。エレアコ仕様にするなら、プラス2~3万円が加算される。

店員さんのコメントで心は決まった。デザインの違いで10万円も変わるならG22に決まっているのだ。

次はエレアコにするためにどのピックアップを付けるか。まったく知識がないが、そもそも僕はギタリストではなく、ギターは下手クソであり、基本的に弾き語りでガチャガチャ弾くのだからそんなに高いのを付けても意味がない――なんてことを言えば、そもそも高いギターを持つ意味もないのだが、いい音のギターで弾き語ると気持ちいいし。

てことで、僕にとっては高めだが売れ筋という2万円そこそこのピックアップを付けることにした。リペア代8000円が加算されるとプラス3万円である。

持って行ったMartinのGPCPA4が6万6千円で下取りしてくれたので(これ、ネックが反っていたりと、状態としてはあまり良くなかったらしい)、最終的に払ったお金は10万円に満たず。

まあ、いい買い物をしたと思っておこう――リペアに時間がかかるので実際に手にできるのは来週だけど。

一目惚れ

連休の合間。

嫁さんは仕事だし娘たちは学校。なので、三宮まで出掛けることにした。

実は4年前に買ったエレアコの音がずーっと気に入らなかった。買った当初こそ僕にとっての高価なギターが嬉しくて音もいいなあ、と思っていたのだけれど、その後に買った生ギターの方が定価ベースで6万円も安いのにずっといい音がするのだ。

エレアコだから生で弾くと響きが良くないのかなあと思っていたけれど、アンプに繋いでもパッとしない・・・ってことで、エレアコを買い替えようと企み始めたのである。

ネットで調べたTaylorの314ceという機種が良さそうだったので、三宮の楽器屋さんで試奏させてもらった・・・が、しっくりこない。音が丸い。しかも、23万円もする。

どちらかというとTakamineかなあと思ってこちらも弾かせてもらった。Taylorよりは僕の好みに合っているが、何かまだちょっと違う。

で、店員の女の子が「そういう曲をそういう感じで弾くなら、フォルヒがお勧めですけど」と聞いたこともないメーカーのギターを取り出してきた。

Furchと書いてフォルヒと読むそのギターは素晴らしく『鳴った』。生での鳴りがビックリするほど良いが、知らんメーカーのクセに値段もTaylorと変わらない。

が、一目惚れしてしまった。さあ、どうしよう。

Home > Archives > 2018-05

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 5月 2018 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top