Home > Archives > 2018-10

2018-10

機内モード

今年、携帯のキャリアをauに変更した時に、使った分だけ払うプランを選んだ。

今月は海外出張もあったので、昨日までの通信量(パケットって言うの?)は約970MB。これが1GBを超えると――ちょっとだけ超えただけでも――1000円アップとなる。

それはもったいないっ!

・・・と、元来ケチな僕は心の中で呟く。

何がどう転んでそないなことになってしまうか不安なので、何とまあ今日は一日中『機内モード』にして通信を拒否し、迷っていた夜遊び(ライブバーでのハロウィーンイベント)にも顔を出さずにまっすぐ帰宅したのであった。

しみったれた奴め、と思う人は思うがいいさ(^▽^)。

保護中: アホばっかしか

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

サーキットの狼

元々今日は有休を取ろうと思っていたのだ。なぜなら、昨日の天満音楽祭の打ち上げでしこたま呑むつもりで、相方の明菜ちゃんも翌日は有休を取ると言っていたからである。

が、彼女は仕事が忙しくて、結局有休は取れなくなって、そうなるとしこたま呑むこともなくて、じゃあ僕も出勤しよう、ということになった。

が。
昨日書いた通り、予想以上に音友さんが観に来てくれて、そのうちの何人かと結局はしこたま呑むことになり、今朝は当然頭が痛くて、結局有休を取った。これって不良社員か?

天満音楽祭が終わると、次はウナコーワである。12月にライブがあるので、2曲だけだけど採譜をしなければならない。

実際体が疲れてもいるし、なかなかモチベーションが上がらなかったのだけれど、夕方になってやっとそのうちの1曲目『サーキットの狼』の採譜を開始し、半分以上はできたかな。

11月中旬の練習に間に合わせなければ。

天満音楽祭初出演

いよいよ天満音楽祭である。明菜ちゃんと『ラーメン屋』というユニットで出演である。

14時50分に天満駅で待ち合わせたのに時間を間違えてしまった僕は15分の遅刻。扇町駅で音友のmickeyが15時10分から出演するで観に行こうと予定しており、移動時間5分を考えるとギリギリ――が。

方向音痴の僕たちは会場を探し出すことができず、断念。

で、自分たちの会場であるライブバー、フラットフラミンゴへ。
中を覗いてみるとほぼ満席である。しかも、演奏しているユニットがめちゃ上手く、結局その後もその後も上手く、アウェイのハコということもあり、僕は一気に緊張してしまった。

アウェイではあるが、僕たちが会場入りした後から続々と音友さんたちが集まり、結局9人も来てくれた。これはもう、大感激である。

で、肝心の演奏なのだが・・・自分史上最悪のパニックを経験してしまった。

緊張しまくっているので、4曲中の3曲も細かいところで色々と間違えたのだけれど、そのうちの1曲に至っては進行を見失ってしまい、演奏をストップしてしまったのだΣ( ̄ロ ̄lll)!!

これまでに何度も明菜ちゃんに「万が一の時も歌い続けて」とお願いしていた通り、彼女は止まらずにアカペラで歌い続け、僕は上手い具合にサビから伴奏を再開したので、聞く人によっては分からなかったようだけれど・・・それにしても、なあ。

ま、それもこれもいい経験である。楽しかったから、よしとしておく(←自分に甘い)。

天満音楽祭1

天満音楽祭2

出番の後は打ち上げと称して残っていた総勢5人(音友さん3人+ラーメン屋)で立ち飲み屋に行き、帰る方向の違う音友さん1人と別れた後残った4人はさらに梅田で2件目に行き、最後、甲陽園まで一緒だったトレさんと二人でコンビニで買ったチューハイを駅前で呑んだのであった。

とにかく、楽しかった♪
みなさん、ありがとう♪

サイゼリヤにて

久しぶりに2号ちん担当の土曜日である。よく考えたら嫁さんに負担かけてるなあ。

いつものようにピアノ教室→昼飯→図書館→水泳教室、である。

今日はサイゼリヤに行きたいというので、これまた久しぶり。2号ちんは嫁さんとちょくちょく行っているようである。

僕はハンバーグとパン。そして2号ちんはすでに『キッズセット』なんかは卒業して、ピザを1枚一人で平らげ、いやその前にコーンスープを飲み、最後にはデザートまで。もう大人並みである。

娘ちんが小さい時と比べると食べる量が全然違う。

将来的には僕より大きくなるかもなあ。

保護中: プレゼン能力

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

いい事ばかりはありゃしない

今日の日記のタイトルはRCサクセションの曲のタイトルである。

中学時代の一時期、友達の影響でRCをよく聞いていたのだけれど、ふと思い出して歌ってみたくなったのでちょっと前にコード譜を作成し、一昨日にはTREKさんでコードが合っているかの確認レベルの弾き語りを一人でしてみた。

さて、今宵のGALWAYでのオープンマイクには同い年の音友のまぐっちゃんが来ていた。
で、彼が歌ったのが『いい事ばかりは起こらない』。

どうやらオリジナルらしく(彼の楽曲はどれもこれも素晴らしい)、MCで「RCサクセションの曲に『いい事ばかりはありゃしない』というのがありますが、タイトルが被らなくてセーフでした」なんてことを話した時にはビックリした。

これまでGALWAYには4年半以上通っているが、こんなマイナーな曲に関しての話題なんぞ聞いたことがない。

僕が歌ってみようと思ってコード譜まで用意してきたその日に、まさか別の人の口からこのタイトルが出てくるなんて。

不思議な偶然ってあるもんやねえ。

30分の自主練

今日はノー残業デイもどきの日だったので、家に帰ったのが7時前。

さっさと風呂に入り、ピアノの練習をしている2号ちんを尻目に僕は2階の自分の部屋へ。晩御飯までの間、シンセで自主練をしようという魂胆なのである。

昨日のTREKさんでの自主練に引き続き、2日連続。平日に練習するだけでも珍しいのに、2日連続となるといつ以来だろうか。

30分ほど練習して飽きてしまったが、なかなか100%完璧に弾けないのに、あと4日後に本番を迎えてもえーんやろか。
しかしまあそんなに急に上手くなるワケでもないのでとにかく楽しもう。

あ、けど、それなりに少しずつ伴奏の完成度は上がってきてるねん。

シングルバレル

次の日曜日は明菜ちゃんとのラーメン屋というユニットで天満音楽祭に出演する。

そもそもこの手のイベントに応募したのも初めてなら、合格したのも初めてで、知り合いもおらず初めて行くライブバーでの演奏なんてのも初めてである。

なので、いつもと違って少し気合が入っており、今夜は久しぶりにTREKさんで練習することにした。

例によってお客さんはいなかったが、練習させてもらったりトレさんとお喋りしたり。
で、トレさんのご機嫌が良かったのか何なのか、3種類のウイスキーの試飲をさせてもらった。僕が頼んだのではなくトレさん自ら。

その中で、僕の好きなフォアローゼスに『シングルバレル』という一つの樽から蒸留された高価なバージョンがあるらしく、それも味見させてくれた。

家ではなかなかこういう高いお酒を飲むことがないので、ラッキーであった。

メニューには、コンテストか何かで世界一の称号を得たという台湾のウイスキー(名前忘れた)もあり、1杯2000円もするのだけれど、今日のお礼にいつか頼んでみようと思う。

保護中: 出張報告会

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

振り出しに戻った!

とにかくイギリスではほとんど動かないのに日本にいる時よりも食べるのでどうしても太る。

てことで、最近2号ちんとの間で流行りの『リアル双六』である。
分かれ道に差し掛かるたびにそれぞれの道にサイコロの目を決めておいて振り、出た目の方向にずんずん進んでいくトレーニングである何のトレーニングやねん。

確率論的な計算をすればどの道に行きやすいかの傾向は出るのだろうけれど、今日も甲山方面へ。上り道の途中からは分かれ道も枝道もなくなるので、途中までの関門をパスすればそのままずんずん甲山森林公園に行くことになってしまう。

ってことで、サイコロの目のまま公園に中に入り、あっちこっちぐるぐる同じ道をぐるぐる。

そのうち公園を出て・・・坂を下り・・・道を曲がり・・・家に辿り着いたっ!

あ~面白かった(笑)。

すたんど by みい vol.2

音友のみいさんからのお誘いで、彼女主催のライブイベントに出演する日である。

自分の出演枠のうち前半はギターでの弾き語り、後半はラーメン屋でユニットとしての出演でピアノ伴奏。

まずは相方の明菜ちゃんとスタジオ練習。来週の日曜日には天満音楽祭という完全アウェーでのライブもあるしな。

今回は新曲もあるのだけれど、なかなかの出来。

その後いつものように呑みに行き、会場のLive Bar UGOへ到着してからまた呑む。

何だかんだで本番までにビール4杯である――なのに。

演奏はかなり上手くいった。練習の成果か、酔っ払って演奏することに慣れてきたのか、たまたまか。

他の出演者の皆さんもいいライブで、終わってからのぐだぐだとした音楽談義も楽しくて、いい一日でした。

イギリス出張・5日目

今回は久しぶりにプレミアムエコノミーであった。聞こえはいいが(いいか!?)、エコノミークラスに毛の生えた程度。

本社の業績はなかなか上がってこないが、さすがに50歳超えた社員が半日も飛行機に乗るのにエコノミーでは可哀そう、ということになったのだろうか。

20代後半の頃、以前の会社ではサンフランシスコへ時々出張に行っていたけれど、行きも帰りもビジネスだった。当時は会社の規定が甘かったのか、儲かっていたからかは知らんけど。

てことで、プレミアムエコノミーでも熟睡はできず。

家に帰ると美味い飯を食ってまったりして日常のありがたみを再確認するのであった。

イギリス出張・4日目

昨日、試運転させた電車が電線を切ってしまい、パディントン駅が封鎖されたとの情報が朝イチで入ってきた。現状を調べてもらうと、今は復旧しているとのこと。

元々は11時過ぎに会社を出て12時発の列車に乗ろうと思っていたのだが、大事を取って1時間早い列車に乗ることに。

忙しなく仕事を済ませて、駅に到着したのは発車の30分も前。そして列車は時間通りに走り、パディントン駅に到着したのは14時15分。本来、16時に到着していいくらいなので2時間も早い。

煙草を吸いに行きます、と言って二人と別れたが、戻るとどこに行ったか分からんようになったので一人でヒースローへ。

まだ14時40分。チェックインまで2時間近くもある。

仕方がないのでSmoking AreaでノートPCを広げ、こうして溜まっているブログを書いている次第である。

あとは帰るだけ。

保護中: イギリス出張・3日目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

イギリス出張・2日目

いつものように時差ボケで転寝を繰り返し、眠い目をこすって5時に起床した途端に僕はあることに思い当った。

ワイシャツを入れた記憶がないっ( ̄▽ ̄;)!!

仕方なく、肌着の上にセーターを着てスーツを羽織るという、ヘンテコなスタイルで出社。

これまたいつものように仕事が終わるのは早く、夕方にショッピングモールに行ってみたが、到着したのは18時10分。閉店は18時。ワイシャツは変えずじまい。

夜は部下の竹下君がイタリア料理が食べたいと言うのでパスタのお店に行くも、彼はナゼだかステーキを注文していた。

晩飯の後は旧友(以前の上司)であるアンディとも会い、無事に(?)一日目が終わったのであった。

イギリス出張・1日目

今回は北取締役と部下の竹下君との出張である。
一人出張の場合は「せっかくイギリスまで行くんやからしっかり仕事して来い」と日曜日出発にさせられるのが常だが、ナゼか今回は月曜日出発である(取締役が一緒だから?)。

途中の乗り換えもタクシー料金の支払いも取締役が率先してくれるので、楽っちゃー楽である。月曜日出発だし(2回目)。

ちなみに一人だと、何度も来ているハズなのに迷ったりするのだが、今回はイミグレーションもスムーズで、いつもより1本早い、つまり1時間早い列車に乗れてしまった。

結局その列車が40分遅れで目的地に到着したため、Door-To-Doorで24時間というのはいつもと変わらず。

玉子をたずねて3000m

出張の用意を終え、夕方に2号ちんとリアル双六をしようと家を出ようとしたら、嫁さんから「玉子買ってきて~」と頼まれた。

前にも説明したがリアル双六は、分かれ道に出くわすたびに「左は1・2・3、右は4・5・6」のように決めてサイコロを振り、出た目の方向にどんどん歩くというルールである。

で、当然のようにスーパーマーケットとはどんどん反対の方向に。

このままではまた前のように甲山に行ってまうで~と言いつつ、目の向くままに同じところをぐるぐると歩いていたのだけれど、暗くなってきたのでそこでやめてようやくスーパーへ。

結局、玉子を買うのに3km歩いたのであった。

ドタ参オフコース

午前中は2号ちんのオープンスクール。
1時間目に社会見学の発表をするので見に来て欲しいというので朝早くから学校に行ったのだけれど、10分ほど遅れたために2号ちんの発表に間に合わなかった。すまん。
運悪く、8班中2番目の発表だった。

3時間目も見てほしいと言うので一旦帰って音楽活動の自主練をして再び学校へ。
紙相撲対決だった(^-^;)。

学校から帰ってきた娘ちんと2号ちんに昼飯を作り、仕事から帰ってきた嫁さんと話をすると、夕方の2号ちんのピアノ教室は嫁さんが連れて行くとのこと・・・ならばっ!

おずおずと出掛けていいかどうかを訊くといいとの返事だったので、急遽、TREKで催されるオフコースナイトに久々に参加することにした。

こういうこともあろうかと、実は午前中の自主練の時にも少し練習したのだが、急に決めたので何しろ練習量が足りない。
まあいいかーと気楽な気持ちで挑んだら、なかなかいい出来であった。どないやねん。

たっぷり5時間楽しんだ後、4人でお好み焼き屋へ行って晩飯を食べ、さらに僕は一人で今日はオヤ応があったGALWAYに行き、まだ残っていた音友さんと初来店の20歳そこそこの女性と呑んだのであった。

ぶりっとれいる

旅行会社の担当者が事務所まで飛行機と列車のチケットを持ってきてくれた。

一人で出張する機会が多くなり、僕が良く使うBRITRAILというラウンドチケットがあるのだけれど、最初は「使用前にパスポート番号とか記入したらダメ」とか「Validationのスタンプをもらってから使用開始する」という説明を受け、律儀にその決まりを守っていた。

が、ヒースローエクスプレスに乗る前にValidationのハンコをもらわなくても乗れるし、パスポート番号なんぞ書かなくても車掌はそんなとこまで気にしてないし、ということが最近分かり始め、さらに言えばチケットに日付を記入しない車掌までいるので、そうなると1ヶ月の間乗り放題なんてことも可能なんじゃないか、でも滞在するワケでもない僕には関係ない話だなあ・・・などと思いつつ、僕にチケットを渡した担当者は1分ほどで帰ってしまったのであった。

バイク便とか使った方が安上がりなんちゃうん。

蘇ったギター

いつものGALWAYでのオープンマイク。
しかし今宵はいつもと違う。
弾き語りよりも、調整が完了したギターを引き取るのがメインの目的なのだ。

音友のkamiさんは器用で色んなことをされる方だが(演奏の他に、写真とか、絵とか)、ギターの調整もまるで趣味のようにされている。

何をどないしてんのか僕には全然分からないが、今回は弦やその他のパーツも新しくしてくれたのに、ほぼ実費のみで請け負ってくれた。つまり、技術料を取られていない。

ギター修理屋さんでやってもらうとすれば預けに行ったり取りに行ったりするのも面倒だし(GALWAYだと通勤途中なのでその手間がゼロ)、それなりの料金も取られる。

いやあ、本当にラッキーな話だなあ。

で、肝心のギターはと言うと、問題のビビりもなくなったし、音が綺麗になったし、外観まで磨き上げられていた。

感謝、感謝。

肝臓の老化

ここ数年はそんなに特別にギャーギャー騒ぐほどの健康診断結果はなかったのだが、今年は色々と問題が・・・。

9年前に騒いでた結果と似たり寄ったりではないか。その翌年に、こんなことを書いているので、今年の分を追記してみよう。

※2008年→2009年→2010年→2018年の順
LDLコレステロール(悪玉コレステロール):基準値上限140
119→146→140→128

中性脂肪:基準値上限160
81→166→80→145

GPT:基準値上限50
42→50→55→62

γ-GTP:基準値上限50
57→101→80→136

さらに、これまでは空欄だった『総コレステロール』の欄にも数値が入り、それが227(基準値上限220)であった。

医師の所見は『脂肪肝で肝機能異常が生じています。アルコール量を減らして適度な運動をしてください』。

確かにジョギングはしなくなったけどできるだけ歩くようにしているし、アルコール量もこの1年で急激に増えたワケではない。

つまり、単純に肝臓が老化しているということなのだろう・・・う~む。

保護中: Who are you visiting?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポーツフェスタ

昨日は一日中炎天下にいてそれだけでクタクタになったのだが、今日は今日で朝から2号ちんと二人で、小学校で開催されるスポーツフェスタなるものに参加。

過去の日記を調べてみると、何とまあ、8年ぶりの参加ではないかいな。つまり、2号ちんは初めてである。色んな測定が面白かったらしく、楽しんでいた。

僕はすっかりジョギングもやめたし、筋トレをしているワケでもないし、つまり普段は歩く以外の運動をまったくしていないのだが、改めて自分は運動神経がいいのだなあ、という結果になった(自分で言うな)。

  • 球速(スピードガン測定)=102km/h
  • ハンドボール遠投=25m
  • 30m走=5.2秒(50m換算で7.6秒)
  • 立ち幅跳び=2m10cm
  • 握力(右だけ)=47.8kg

51歳のオヤジにしては上々やないかいな。まだ100km/h以上の球を投げられることが分かったのが一番嬉しかったナ。けど明日は全身筋肉痛必至だナ。

超快晴の運動会

一日順延になった運動会は、朝から超快晴。まるで夏に戻ったかのようなカンカン照りである。昨年以上である。

昨年は開会式が始まるか始まらないかの9時頃に学校に行き、まったく席が確保できなかったので、今年はせめてもう少し気合を入れようってことで8時に家を出て8時10分に学校着。

半分くらいはスペース確保されていたが、この時間に出れば十分ってことが分かった(ちなみに今年で9年連続の小学校の運動会)。

今年も赤組の2号ちんはダンスも綱引きもリレーも頑張っており、綱引きも赤組が勝ったし、リレーは2号ちんの組が一位だったし(2号ちんも一位をキープしたし)、個人的な結果としては上々だったのだけれど、最終的には228点-214点で赤組が負けてしまった。

それにしても、腕が真っ赤になるほど日焼けしたやないかい。

味噌ブーム

昨日の時点で今日の運動会は翌日に順延することが決まっており、朝からザーザー雨が降っていた。

雨は数時間で止み、特にすることがない僕は久しぶりに家での音楽活動。色々とせなアカン宿題が溜まってるねん。

夕方から嫁さんが同窓会に出掛け、僕は2号ちんをピアノ教室に連れて行った後、スーパーで買い物をして帰宅。

今日のピアノレッスンは変則時間だったので家に帰ると7時。風呂に入ると7時半。

さあ、ここから手早く晩飯を作らねばっ!・・・ということで、豚肉とキャベツやら玉ねぎやら茄子やらピーマンの野菜たちと厚揚げ豆腐を味噌味で炒めた。

最近、自分が料理をする時にはこういう風にテキトーに味噌で味付けをすることが多くなった。料理本を見ずに作るという点においてだけは慣れてきたかなあ(*^▽^*)。

後は買ってきた鶏の南蛮漬けを添えて・・・今宵の晩飯はこんだけ。

美味かったよん♪

自動売買10日目

月曜日と火曜日辺りは売買がなく、プログラムが動いてんのかな?と多少心配にもなったのだが、その後にエントリーがあったので、とりあえずプログラムが動いているかどうかについては問題ないのだろう。

で、実際に儲かっているのか?となると、儲かってはいない。数千円のマイナスである。

まあ、バックテストのデータを見ると最大で月に4~5万円マイナスになることもあるし、半年ほどプラスとマイナスを行ったり来たりして停滞することもあるし、長い目で見なければならないのだろうけれど問題は今の相場がバックデータの通りになるとは限らない、ということである。

たとえバックデータの期間が12年であろうと15年であろうと。

結局のところ、資産が減じたときにどう判断するか、自動とは言ってもそこか問題のようである。

そりゃそうやな。自動で100%儲かるんやったら誰でもやるっちゅーねん。

ギター修理依頼

中古の悲しさか、今年のGWに購入したギターの第4弦がビビるなあとずーっと感じていたのだ。

一週間前に、ギターの修理を趣味にしている音友のkamiさんに話をして「調整してくださいよ~」とお願いすると、快く引き受けてくれた。5000円くらい払いますから~、という僕のセリフが効いたのかも知れないが。

なので今日はギターを持ってGALWAYに行くつもりにしていたところ、午前中に音友のマリリンからLINEが入っており、彼女も行くとのこと。

久しぶりにマリリンに会い、ギターもkamiさんに預け、さらに言うなら今宵は嫁さん公認の夜遊びなのでそこそこ呑んでしまった。遅くまで残ったし。

ギターはそんなに酷い状態ではなさそうだが、調整する余地はある、とのこと。

どんな状態になって返ってくるのか、楽しみである。

保護中: 頼りない〇長

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

リニューアルオープンで老害

4年半前から通っているミュージックパブGALWAYが、昨日リニューアルオープン。
月曜日~水曜日は肉巻きと燻製を売りにした居酒屋になり、音楽は、なし。

で、昨日と今日はビール半額セールなので、今宵行ってみた。

料理は確かにめちゃくちゃ美味く、あとはコンスタントにお客さんが入ることを祈るばかりである。

で、お馴染みの70歳の音友さんと久しぶりにお会いした音友さんと、しばし音楽談義。

その話の中で僕がDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)の話をした時のこと。
DMNとは最近の脳科学の進歩により分かり始めた話で、音楽の話に置き換えると、毎日練習するよりも、数日に一日程度、完全に音楽から離れて脳を休める方が上達する、という内容である。
そう言われてみると、僕自身そういう経験が何度もある。

ってな話をしたのだが、70歳は「ギターの練習はな!指先から血が出るくらい必死にやらなアカンのじゃ!休むとかあり得んっ!!」と、突然興奮しだした。

反論すると人間関係が悪くなりそうだし、おそらく聞いてももらえないだろうからテキトーに流したが、こういうのって本当に老害だな、と思う。

昨今、スポーツ界を賑わせているパワハラ問題と何ら変わりはない。
つまり、自分がこれまでやってきたことが正しいと思い込み、それが否定されるとまるで自分のこれまでの軌跡を全否定されたように錯覚して拒絶反応を示してしまうのである。

「最近の研究では、トレーニング中に適度に水分を摂る方がいいという結果が出てるんですよ」
「そんなことあるかいっ!俺らが若いころは水なんて飲ましてもらわれへんかったし、それでも俺らは根性で最後まで練習をやり遂げたんじゃ!」
・・・というのと同じ。

女子大生の出版記念

オメガトライアングルのベーシストであり、ヨーゼふ(今年は本当に活動してないけど)のベーシストでもあるさしてき君のお嬢さんが、何とエッセイを出版したとのこと。

僕がエッセイを出版したのは30歳くらいだったので、年齢的に負けたなあ(何のこっちゃ)。
営業的にも負けそうだが、とにかくまあめでたいので早速ネットから購入。

届くのが楽しみである。

ちなみに、コレです。

Home > Archives > 2018-10

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 10月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top