Home > プライベート Archive

プライベート Archive

オープンスクールとライブイベント

午前中は2号ちんのオープンスクール。

一番前の、右から2列目の席に座っている2号ちんはビックリするほど先生の話も、クラスメートの発言も聞いておらず、終始先生に背を向けており、自分から手を挙げることもなく、黒板に書かれた文字を見ることもほとんどなかった。

あまりの授業態度にオドロキ、帰り道で懇々と説教。ちょっとは理解してくれたかなあ?

午後からはちぃちゃん主催のアコースティックライブイベントへ。

前回出演させていただいた時に3曲ぜんぶオリジナルを演奏し、何となく場を盛り下げたように感じたので――それでも「僕はオリジナルだけをやりたい」というたーけんを説き伏せて――今回はカバー2曲とオリジナル1曲。

このセトリが大成功!さすが、僕!

『狂った果実』のイントロで観客の注意を惹き、珍しく最初にオリジナル曲であることを明かしてから演奏した『マリア』も大好評。〆は『あずさ2号』でばっちり盛り上げることができた。

ちぃちゃんとさゆちゃんのユニットW-Princess(※「-」は実際はハートマーク)での最後の曲『待つわ』の伴奏もヨーゼふが担当し、まあまあ上手くいった。

打ち上げが実質22時開始だったので1時間くらいしか居れなかったけど、楽しいイベントでした♪

レインシューズデビュー

2~3日前にレインシューズが届いたのだが、今日は朝から雨だったのでやっとデビュー♪

雨の中を靴が濡れることを気にしないで歩けるっていいね。
サイズがちょっと大きめだったけど、特に問題なし。

が、帰るときには雨が止んでいた・・・。

こういう場合、いつもなら駅から家までウォーキングするのだけれど、さすがにレインシューズでボッカボッカと3kmも歩けない。

ってことで、バスで帰りましたとさ。

サザンセッション

昨日夜遊びを控えたので今宵はいつものようにGALWAYのオープンマイクへ。

今宵はまゆみちゃんがカウンターに入っていないためかお客さんが少なく、19時半の時点で4人。その中に一人、初対面の方がいた。

ご自身はカメラマンで、奥さんはジャズピアニスト、とのこと。

僕はこの少ない観客の中で米津玄師の『メトロノーム』と桑田さんの『孤独の太陽』を歌ったのだけれど、聞けばその方はサザンファンとのことで、昨年の桑田さんの『がらくたツアー』のコンサートも観に行ったらしい。

で、その方の順番が回ってきた時に『がらくた』の中から『ほととぎす[杜鵑草]』と『若い広場』をピアノでセッションさせてもらった。

いや~、初対面の方とこうやって楽しめるって、やっぱり音楽は素敵♪

保護中: 7%効果?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ヨーゼふ再始動!

今週末の土曜日に音友のちぃちゃん主催のアコースティックイベントに二人版ヨーゼふとして出演する。

何とまあ、7ヶ月ぶりのライブである。

で、今宵はたーけん家で練習。もちろん、今年初めて。

予定している3曲はまあ何とかなりそうな気配。ところが今朝ちぃちゃんからとある曲の伴奏を頼まれて、それも急遽練習してみたのだが、たーけんってば楽譜もないのにイントロやら間奏のメロディをそこそこ弾いてしまう。

もちろん、よく知っている曲だからというのはあるけれど、技術の差を感じたなあ。

2連続中止

雨で中止になった試合の振替として、月曜日だというのに阪神の試合があるので楽しみに会社を出たら、今日も雨でこれで2連続の中止。。。_| ̄|○。

そんなに強い雨でもなかったので決行すると踏んでいたんだけどなあ。

今年は本当に貧打に磨きがかかっており、現在のところ交流戦順位は12球団中11位で、試合なんてない方がいいに決まっているのだが、弱くてもやっぱりファンはやめられないのが不思議である。

金本監督の采配が悪いとよくファンが批判しているけど、駒がなければどうしようもないがな。選手を育てられないコーチ(特に片岡打撃コーチ)が悪いんとちゃうんか。

と思うんやけどねえ・・・確かに首をかしげるような采配もあるけれど。

イベントリハ

7月にTREKにて僕が主催の音楽イベントがあるのだが、これはもう何と言うか話の流れでいつの間にかそうなってしまい、さらに言うとそのイベントのためのリハも話の流れ上今日になっており、仕方がないので昼過ぎに家を出たのだ。

元々は身内で呑み会みたいなイベントをしようとトレさんが言い出し、軽い気持ちでいいですよ~と答えていたのが、いつの間にか主催者に祭り上げられてしまったので、こりゃあもうちゃんとせねばっ!とは思うものの、他にも色々と活動しているので結局ゆるゆるなイベントで容赦いただくことにした。

けどまあ、知ってるメンツが集まって呑んで演奏して楽しむイベントなので、トレさんもそんな感じでいいとのこと。

日曜日に家を出るのは気が引けるので14時から17時まで3時間だけ、呑みながら練習をしたのだけれど、これがまた予想外に楽しかったので、本番も楽しみになってきたぞう♪

眩暈

休憩室で煙草を吸いながら、歩数を稼ごうと足踏みをしていると、床がゆらゆらと揺れ始め、うひゃあ!地震や!と足踏みをやめると床はビクとも動いていない。

ん?

もう一度足踏みすると、また床が動き出す。

これは、僕自身が揺れを感じてるってことか!
・・・てか、何かの病気?

いつも何ともないし、この後の休憩の時もどんだけ足踏みしても何ともなかったんやけど。

オリジナル2曲

ちょっと迷ったが、今週末は日曜日にちょっと練習に出かけるくらいでさしたる音楽活動をしないので、2週間ぶりのGALWAYのオープンマイクへ。

一昨日と同じ2曲をギターで弾き語った。
1曲目はたーけん作のオリジナルで『マリア』。2曲目は最近絶賛練習中の『灰色と青』。

珍しく「1曲目は誰の曲?」と訊かれたのが嬉しかったナ♪

で、カウンターに入っていたまゆみちゃんの出番になると、2月に楽曲提供したその曲を弾き語るのでギター伴奏を手伝ってほしい、と。

この曲はまゆみちゃんが制作するCDには残念ながら選外となって入らないものの、こうやってちゃんと覚えて演奏してくれるって嬉しいナ♪

次はもっと鍵盤で伴奏できるように、どないか考えよう。

ヒロッチナイト

次回のサザンイベントを何日にするか話をしに行こう♪・・・ってことで仕事帰りにLive Bar UGOへ。

そう言えば今宵は『ヒロッチナイト』というオープンマイクイベントがあることを思い出し、ちょっと早めの18時50分頃に店に入ると主催者のヒロッチさんがすでに来ていた。

イベントは19時オープン、19時半開始なのだけれど、そこから続々と人が来て、20分ほどで10人以上が集まった。ヒロッチさんの人脈すげ~。

で、僕は1番手で2曲。半分以上が知らない人だったので少し緊張したけれど、現時点ではこんな感じかなあ。

アウェイ感があったもののなかなか楽しかったので、2ヶ月後の次回も参加するかも。

サザンファンの集いVol.5

気が付けばもう5回目である。今回は題して『真梅雨の耐久果実』。
昨年の『真梅雨の果実』よりパワーアップして、前回と同様に13時から22時までのイベントなんだけど、実際は梅雨入りしていないし、今日に限っては初夏の暑い日差しの中、2日連続のLive Bar UGOへ。

今回は1部で帰る人が5人ほど、2部のみの参加が2人、と、いつもより多少は少なめの人数になりそうだったのだけれど、結局総参加数は22人。うち、初参加は3人。

やっぱり大盛り上がりであった。

もうそろそろ飽きてきたかなあ、とか、マンネリ化してきたかなあ、という心配もないではないのだが、参加者の皆さんがみんな「楽しかった!」「また参加したい!」と言ってくださるので、第6弾もやるのである。
サザンファンの集いVol5

空腹にアルコール

音友のさゆちゃんに誘われてLive Bar UGOへ。
明日のイベントに備えてシンセサイザーを置かせて欲しいということで付き合ったのだ。

で、今宵はオープンマイクの日だったので、ついでに二人で演奏する曲を練習がてら披露してみた。

まあ、そこそこかなー。

1時間くらいしてから店を後にしてBARへ。

元々「ちょっと行こか?」という約束をしていたので予定通りではあったが、僕としては居酒屋でちょこっと晩飯を食べたかったのにさゆちゃんに「ここでいい?」と言われると断れない小心者であった。

UGOさんところでビールを3杯呑み、BARでバーボンのロック2杯を呑むとさすがに気持ち悪くなってしまった。なぁんも食べてないからねえ。

23時にお開きにして家に帰り、どん兵衛の特盛を食べたのであった。

恥ずかしいが面白い

2週間くらい前の話だが、よく遊びに行くTREKのマスターであるトレさんがSNS上でちょっとした批判を浴び、僕はその批判した子とも仲が良かったので、トレさんに「こういうところは直した方がいいですよ」とメッセージを送ったのだ(エラそーに)。

で、ついでに「タクシー代とかはいいですけど、拙著は返して欲しいです」と、どさくさに紛れてトレさんに伝えてみると、先週、4年ぶりくらいに『結婚まで物語』を返してもらった。

結局、貸したタクシー代は返してくれなかったし、本の感想すら何も言ってくれなかったし、そういうところが批判の対象になるんやけどなあ、と思いつつも、とにかく本が無事に返ってきたのでそれで良し。

で、かなり久しぶりに読み返してみて、本日読了。

何かもう、ド素人丸出しの文章がめっちゃ恥ずかしくはあったのだが、軽い読み物としてはやっぱり面白いがな。けどそれは自分のことやから面白いんかな。

などと思いつつ、次は別の音友に貸す予定になっているのである。

38年ぶりの再会

小学校の同窓会に出席した。

最初に誘われた時には、当時の記憶なんてないし、人見知りだし、と、行くかどうしようか少し悩んだが、結果としては出席して大正解であった。

人間の脳って本当に不思議で、この38年間封印されていた記憶が蘇ったりするのだ。

よく覚えている子、何となく覚えている子、急に思い出した子・・・一体何人と話しただろう。もちろん、当時も今もまったく知らない子もいたけれど、とにかくまあ楽しかった。

先生も二人いらっしゃって、うち一人は4年生の時の担任。お元気そうで何よりだった。

そのままホテルの会場で2次会があり、さらには場所を変えて居酒屋で3次会。

昼の1時から夜の9時を過ぎるまでずーっと呑んで食って喋り倒した。

同窓生って、いいなあ。

2人から10人以上

先週は行かなかったので、今週はGALWAYのオープンマイクへ。

最近は満員ばかりのGALWAYだが、今夜は19時20分にお店に着いたのに、僕の他に常連さんが一人だけ。お客さんが多い時にはもう始まっている時間だが、当然まだ何も始まっていない。

いや~、珍しいこともあるもんだ。

19時40分頃にようやく開始。それでもまだお客さんは二人だけ。僕が二番目に弾き語りを終わってもまだ二人。

20時近くなってようやくポツポツと集まり始めたが「あれ?今夜は少ないですね~」とみんな口を揃えて言う。

が、たまたま集まりが遅かっただけであれよあれよと10人を超えた。

今宵は2巡どころか3巡くらい回ってくるかな~と思っていたが、帰ろうと思っていた21時半を過ぎてやっと2巡目が回ってきた。

久しぶりに『Abbot Kenney』を弾き語ったけど、練習せずにいきなりやると色々忘れてるなあ。

あずさ2号?

先々週は明菜ちゃんとのユニット、ラーメン屋のライブ、先週末はユニコーンのコピーバンド、ウナコーワのライブ。

6月初めにはサザンイベントをUGOで、7月中旬には小梅の音楽箱というイベントをTREKで主催することになっており、そこで伴奏する鍵盤用の楽譜もまだ採譜できてなかったりするのに、6月中旬にはヨーゼふでライブイベントに出演する。

よく考えたら、今年はヨーゼふとしてはまだなあんも、それこそ練習すらしていないのだ。

もう本番まで1ヶ月切ったしそろそろ始めなければ!・・・と思っていたらたーけんからメッセが入った。

ちょうど連絡しようと思っていたところで、本番までに1~2回練習しましょうと返信したが、練習も何も、セトリが決まっていない。

そう言えばこの間誰かに「ヨーゼふは“狩人”なんか似合いそう」と言われた。

なるほどっ!あずさ2号をやってみるか!?

接待とイベント

今年も無事に契約が更新され、そのお礼に、ということで昨年に引き続きSHOちゃんから接待を受けることになった。

今回は西北にある串のお店。
「リーズナブルやのに美味いんですよ」と事前に聞いていた通り、美味しかった。しかも、月曜日の夜だというのにほぼ満員。

話題はほとんど音楽に関することや共通の音友に関することで、めっちゃ楽しかった。

で、UGOさんからメッセージが入っており、SHOちゃんと別れた後にタクシーを飛ばしてTREKへ。

久しぶりにTREKでのUGOさん主催のイベント日だったのだ。

ここでも楽しく遊び、遅い時間に帰宅。

天下一音楽祭

音友ちぃちゃんが主宰の『天下一音楽祭』に出演!
何とまあ、関東から3バンド、関西から3バンドのイベントである。ちぃちゃんの人脈がどれだけ凄いかを思い知らされましたわ。

メンバーのギタリストでカズちゃんは関東の人で、今回は東軍のバンドでも、西軍の我がウナコーワでも出演するんだけど、午前中に大阪入りしたらしく「ランチはどう?」のお誘いがかかる。

京橋の駅構内で30分待たされたものの、無事に合流し、いきなりビールを3本くらい呑んだ。

で、14時ちょっと前に会場入りし、早速リハ。何かめっちゃ慌ただしくてあっと言う間に終わり、僕は一旦会場を離れてゲストハウスへチェックイン。打ち上げが22時から始まり、到底終電でも帰れそうにないので泊まることにしたのだ。

ちょっとベッドでゆっくりして、2時間後に会場へ。

17時半、開演。まだお客さんは半分くらいの入りか。てか、今回は出演者以外の純粋なお客さんはほとんどけーへんのかな?

と思っていると、バンドが進むにつれてお客さんも増え始めた。
後半戦に突入する頃には超満員。のべで100人近く入ったんじゃなかろうか。

ウナコーワは大トリで、予定よりちょっと遅れて21時半近くのスタート。開場からここまで4時間ちょっとをビール2杯とレッドアイ1杯とハイボール1杯で乗り切ったので(つまり、呑み過ぎずに自制できたので)、演奏はいい感じで楽しめた。そりゃー色々と間違えはしたけれど。

今回はとにかくこれだけの人間を動かす力を持つちぃちゃんに圧倒された。ライブハウスの予約はもちろんだけど、進行表とか、お金の管理とか、バンドの衣装とか小道具とか、そういう準備もこなして、さらには打ち上げの居酒屋まで押さえて、当日の人数変更にも対応して、これだけのイベントを成功裡に終わらせたパワーは凄い。

打ち上げでは東軍の出演者とも何人かお話できたし、とにかくめっちゃ楽しかったです。

ウナコーワ

アメフト問題

日常生活において書くネタが見つからんので、久しぶりに時事的な話題を。

日大と関学のアメリカンフットボールの試合で、日大の選手が相手に怪我をさせるのが目的のタックルを敢行した。プレーが途切れた数秒後に、相手が力を抜いて油断している状態の後ろからの危険なタックル。

タックルを受けた関学の選手は全治3週間の怪我。

最初は「何ちゅー選手や!」と思ったが、色んなニュースを見ていると、どうやら監督の指示だったらしい。

いくら監督に指示されたからと言っても、さすがにそんなことはしたらアカンと自分で判断でけへんかったんかいな、と思ったが、僕たち外野が想像できないようなプレッシャーを監督だけでなくコーチからも受けていたらしい。

・・・とまあ、自分を含めての世間は報道機関が出す情報にかようにも左右されるんやなあ、と思い至った次第。

で、連日のニュースを見つつ、結局のところ日大の監督が一番悪いってことが分かりましたとさ。

しかしまあ、事件後すぐに謝罪もせん、経緯の説明もせんって、常識人としての行動やらモラルやら、これだけなぁんも持ち合わせてない人がいることにビックリ・・・まあ、そういう人間やから事件を起こしたんだろうけど。

追っかけストリート

嫁さんの友達が危篤だという連絡が昨夜あり、今日は午後から出かけるとのこと。
そうなると僕が娘たちのために晩飯やら風呂やら何だかんだと家の用事を担当しなければならなくなったので早退することにした。仕事時間中に早退するのは何かちょっと後ろめたかったので、昼から退社することに。

で、西宮までの電車の中でSNSを見ていると、ちょうど今三宮で音友さんがストリートライブを敢行しているという情報がっ!

1時間やそこら帰宅が遅くなったところで問題ないので、西宮を素通りして三宮へ。

いきなり歌ってる正面に現れると、ビックリしてた(笑)。

一通りライブを聴いて家に帰った後は、明後日のライブに向けて鍵盤の猛練習~。それから、早速届いたハンディレコーダーの試し撮り~。

なかなか有意義な半休やったやんか・・・けど、嫁さんの友達は結局亡くなったとのこと。合掌。

ハンディレコーダー

先日の『まめおん』で、家のビデオカメラでラーメン屋のステージを録画した。天満音楽祭にエントリーするために動画が必要だったからだ。

ところがYouTubeにアップした動画をイヤホンで聴いてみると、何だか音が揺れている。そういえば録画した画像をMP4に変換すると映像と音声が少しずれていた。動画編集ソフトで編集すると直ったのだが。

とにかく、突発的に、手軽なビデオレコーダーが欲しくなったのだ。音楽専用の。

で、色々調べた結果、ZOOMのq2nを購入することにした。どちらかというと音の品質を重視した製品で、音楽を目的とする以上、画質はそんなにこだわらなくても問題ない。

Amazonで16,500円。

早速週末のライブに使いたくなったので、明日届くように無料お試しプライム何ちゃらを利用してみた・・・が、これって、1ヶ月以内に解約しないと翌月から毎月お金が引き落とされんのかな?

史上最多のビギナーズナイト

覚え始めた米津玄師の2曲を練習がてら弾き語ろうと思い、GALWAYのビギナーズナイトへ。

外呑みで9%のチューハイ350mlを充填した後、19時20分頃にいい気分で扉を開けるとビックリ。すでに20人以上のお客さん。こんなことは初めてである。

何か団体さんでも来てるんかいな?と思ったら、数名のグループがいくつか来ているものの、偶然の超満員らしい。

しかも、その後も続々来店され、延べ33人。ビギナーズナイトとしては新記録じゃなかろうか。

そんな中、若者向けの米津玄師を知っている人はあんまりいないのでざわつく客席に向かって『Lemon』と『灰色と青』を弾き語った。覚えたてにしてはまあまあいい感じ。

しばらくはこの2曲がヘビロテやな。

天満音楽祭エントリー

弾き語り中心の音楽活動をするようになって、音友も増えて、そうすると結構あちこちで『音楽祭』や『フェス』なるものが開催されていることを知った。

いつかは応募してみたいと思いつつ、たいていは数ヶ月から半年前に募集が始まり、これまでずーっとすべてのそういうイベントへの応募はぼーっとしている間に締め切られていた。

次こそはっ!ということで狙っていたのが10月末に開催される『天満音楽祭』。応募締め切りが5月20日なので、まだ間に合う!・・・と、初めて応募したのだ。

複数のユニットでは応募できないので、最近よく活動しているラーメン屋で応募。

さあ、審査に通過するんでしょうかね~。

感動のイベント

音友まめぞうさん主催の『まめおん』にラーメン屋として出演。

今回趣旨はまめぞうさんがお気に入りをミュージシャンを集めました、というコンセプトで、そんなところに呼ばれるとは光栄至極である。

我々ラーメン屋の他の対バンは5バンド。どのバンド、ユニットもとてもいい感じであった。特に最後にまめぞうさんのオリジナルにパワーコーラスユニットのmorfasが合わせた『おやすみ』は感動だったなあ。まめぞうさんはとにかくいい曲を作るのだ。

ラーメン屋はまだライブ慣れしていないこともあって、特に僕はところどころ間違えてしまったが、今後はこの間違いを“本番でも”減らせるように精進しなければ。

バラエティに富んでいて飽きないイベントだったので、長丁場にも拘らずあっと言う間に終わってしまった。

イベント後は相方の明菜ちゃんと、音友のマリリンと居酒屋で2次会。楽しい1日であった。

ラーメン屋集合写真

フォルヒデビュー

ようやくおニューのギターを取りに行ったのだ。
ノー残業デイでもないのに定時に会社を出て心斎橋へ。楽器屋さんに到着したのは18時。特に問題もなくフォルヒギターを引き取った。

ハードケースが重いが心は軽い。

そのままGALWAYに行き(ちなみに今宵は嫁さん公認)、早速チューニング。

オープンマイクの順番が回ってくるまでの30分が長かったこと!

ようやく順番が来て、ケーブルを繋ぎ、音を出す―う~ん、いい音。
が、何を思ったのか今宵はこれまで家でも弾いてみたことがない米津さんの曲を2曲弾き語ったので、気持ちが演奏の方に向いてしまい、肝心のギターの音はそんなに分からなかった。

2巡目は22時を過ぎてから回ってきて、今度は生音で弾いてみたんだけど、そんなにいい音かなあ?と、疑問符が付く・・・のだが、音友さんたちは「良い音っ!」と褒めてくれた。

今回は演奏に重心を置いてしまったので、週末は家でゆっくりと音を楽しんでみましょう。

アルコール入りリハ

今宵はまっすぐ帰るつもりでいたのだけれど、音友のまめぞうさんとマリリンが21時からTREKさんで練習するというメッセージが昼間に届いた。今週の土曜日まめぞうさんが主催する音楽イベントの練習なのだそうだ。

う~む、それなら僕も行きたい。そして、明菜ちゃんはいないけどソロで練習しておきたいなあ、と、カバンの中を見てみると、何とまあ、セトリの楽譜が全部入ってた。

ってことでまずは外呑みで9%のチューハイ500ml缶を空ける。ビールに換算したら3~4杯呑んだことになるんちゃうかな?

TREKさんに着いてもすぐにビールを呑み始め、お二人が来るまでに練習したピアノは中の中の出来。

よし、本番では出番までにビール2杯までなら大丈夫、ということが分かったゾ。

お楽しみ先送り

昼休み前に楽器屋さんから電話があった。
ピックアップ取り付けが完了したので、いつ取りに来てくれてもいいですよ、と。

ちょっと考えた末に、
「10日の木曜日に行きます」
と答えた。

今日は一日中雨というのも一つ、でもそれより、平日に取りに行ってもどうせ家で弾かれへんやん、というのが大きい。

なので、木曜日に取りに行ってその足でGALWAYに寄り、早速オープンマイクでニューギターを披露しよう、という作戦なのだ。

楽しみだなあ♪

当たり前のリハ後呑み

ユニコーンコピーバンド、ウナコーワのリハ

今年になって2回目だけれど、僕にとってはこれが最後で本番は2週間後。ちなみに来週もリハがあるのだけれど、僕は別のイベントに出演予定なのでたった2回のリハを経て本番、ということになる。

が、皆さん上手だし、自分もそこそこは練習してきたので何とかなりそうである。

12時に始まったリハは15時に終わり、メンバーの二人は帰っていった。

残ったのはお馴染みのメンバーで、バンマスでありボーカルのちぃちゃんと、関東の呑兵衛ギタリストのカズちゃんである。

いつものように3人で居酒屋へ。15時過ぎから呑むのである(笑)。

行った先は24時間営業の、まさしく場末の居酒屋という雰囲気の呑み屋だったが、意外にも注文した食べ物がどれもこれも美味かった。

カズちゃんは21時の新幹線で関東に帰るし、そもそも明日から仕事が始まるので18時にお開き。

これで今年のGWはおしまい。何だかんだで楽しかったなー。

ミカと愉快な仲間たち

新しいギターを手にするにはまだ一週間近くかかるので、今日のライブイベントには生ギターのS.Yairiを持っていった。

で、UGOさんで開催の『ミカと愉快な仲間たちVol.1』に出演。

自分の出番になり「今日は生ギターなんでマイクお願いします~」と、言ってジャラ~ンと鳴らすとマスターのUGOさんが「めっちゃ鳴りますねっ!」と驚いていた。

そうだろ?鳴るのだよ、YD-42は。

レパートリーはなかなか増えていないのでこれまでやったことがある曲の中から4曲をギターで弾き語り、最後は主催者の美歌さんとのコラボ。僕がピアノを弾いて美歌さんが二胡で合わせてくれた。

結構練習したつもりなのに、やっぱり途中で緊張が高まって間違えてばかり。

この曲、7月も別の場所でやるんやけど大丈夫かいな。

弾き語り

フォルヒゲット

昨日、帰宅後に家で調べまくったのだ――Furch(フォルヒ)について。

チェコのメーカーで、まだ創業して40年も経っていない。日本に入るようになってからでも15年ほど。

ところが、評判がすこぶる良い。コストパフォーマンスが高い、とのこと。20~30万円のギターが他のメーカーの40~50万円レベルのギターくらいの音を出すという。

高コストパフォーマンスと言えば、僕が持っているS.YairiのYD-42もそれを理由として買った。中国製だからとして敬遠されがちだが、いい音が鳴るという評判通りであった。

どこぞで安く手に入らんもんかと調べると、梅田でG23の新品とG22の中古を売っているギター屋さんを見つけた。ちなみに昨日三宮で試奏させてもらったのはG23。

早速行って試奏させてもらったが、G23とG22の違いが分からん(;^_^A・・・すると、店員さんがこんな商売っ気のないことを言う。
「G23とG22は同じと思ってもらっていいですよ。G23の方がデザイン的に見栄えがするので高いですが、音はほとんど同じです。なので、G22がオススメです」

G23は新品で23万円。G22は中古で13万円。エレアコ仕様にするなら、プラス2~3万円が加算される。

店員さんのコメントで心は決まった。デザインの違いで10万円も変わるならG22に決まっているのだ。

次はエレアコにするためにどのピックアップを付けるか。まったく知識がないが、そもそも僕はギタリストではなく、ギターは下手クソであり、基本的に弾き語りでガチャガチャ弾くのだからそんなに高いのを付けても意味がない――なんてことを言えば、そもそも高いギターを持つ意味もないのだが、いい音のギターで弾き語ると気持ちいいし。

てことで、僕にとっては高めだが売れ筋という2万円そこそこのピックアップを付けることにした。リペア代8000円が加算されるとプラス3万円である。

持って行ったMartinのGPCPA4が6万6千円で下取りしてくれたので(これ、ネックが反っていたりと、状態としてはあまり良くなかったらしい)、最終的に払ったお金は10万円に満たず。

まあ、いい買い物をしたと思っておこう――リペアに時間がかかるので実際に手にできるのは来週だけど。

一目惚れ

連休の合間。

嫁さんは仕事だし娘たちは学校。なので、三宮まで出掛けることにした。

実は4年前に買ったエレアコの音がずーっと気に入らなかった。買った当初こそ僕にとっての高価なギターが嬉しくて音もいいなあ、と思っていたのだけれど、その後に買った生ギターの方が定価ベースで6万円も安いのにずっといい音がするのだ。

エレアコだから生で弾くと響きが良くないのかなあと思っていたけれど、アンプに繋いでもパッとしない・・・ってことで、エレアコを買い替えようと企み始めたのである。

ネットで調べたTaylorの314ceという機種が良さそうだったので、三宮の楽器屋さんで試奏させてもらった・・・が、しっくりこない。音が丸い。しかも、23万円もする。

どちらかというとTakamineかなあと思ってこちらも弾かせてもらった。Taylorよりは僕の好みに合っているが、何かまだちょっと違う。

で、店員の女の子が「そういう曲をそういう感じで弾くなら、フォルヒがお勧めですけど」と聞いたこともないメーカーのギターを取り出してきた。

Furchと書いてフォルヒと読むそのギターは素晴らしく『鳴った』。生での鳴りがビックリするほど良いが、知らんメーカーのクセに値段もTaylorと変わらない。

が、一目惚れしてしまった。さあ、どうしよう。

ビックリニュース

いつもならGALWAYのオープンマイクに行く木曜日なんだけど、UGOさんからお声がかかったので今宵は三宮へ。

メッセージには「Bigなニュースがあるんです!」と書いてあったのでどんな話が飛び出すのか楽しみにしていたら、本当にBigなニュースであった。

一週間ほど前にお店に飛び込みの電話が掛かってきて「来週の月曜日は空いてますか?」と。
元々休みにするつもりだったが10人以上来られるというのでUGOさんは店を開けることに。
その時に言われたのが「Sさんが行きます」と。

マジか!?同姓同名か?

と訝しく思っていると、当日に本当にSさんが来たとのこと。神戸でコンサートがあり、その打ち上げ場所に選ばれ、朝の5時までセッション大会だったらしい。

お忍びなのでSNS等に公開したらダメと言われたという話だったが、一緒に撮った写真まで見せてもらった。

まるで宝くじに当たったかのような嘘のような本当の話。

ちなみに『歩いて帰ろう』や『歌うたいのバラッド』と言えば誰でも分かる超一流ミュージシャンである。

21時開始って・・・

何となく思い付きで久しぶりに武庫之荘のSoundZeroへ。

ここはほぼ毎日オープンマイクのような店で、行くとテキトーに弾き語りが始まるのだけれど、今宵はミニライブのような体で、一人3曲ずつ回します・・・って、普段と何が違うんや(;^_^A!?。

オープンの20時ちょうどに行くと、しばらくしてお客さんが2人3人と集まってきて、マスターが「じゃあ、21時から始めましょかー」と。

色んなお店に行っているが、21時開始というのは遅すぎる。てか、このお店は基本的に近所の人を相手にしていて、遅く始まって遅く終わるタイプのようである。

気持ちよく弾き語りできたものの、場所的なこともあるし、明日は仕事だし、22時過ぎにはお暇したのであった。

練習と場末おでん

元々予定していなかったのだけれど、夕方5時から急遽TREKさんでラーメン屋(明菜ちゃんとの音楽ユニット)の練習。

5月に音友のまめぞうさん主催の「まめおん」が開催され、2曲ほどまめぞうさんともコラボするので、その練習も兼ねて。

明日は月曜日だし、明菜ちゃんが長居したくなさそうで僕にこっそり「もう出ましょうか」と言うので、二人で先に店を出た。

日曜日なので行こうと思っていた居酒屋は閉まっており、かろうじて見つけたのがおでん屋さん。

場末感たっぷりで美女と二人で行くようなお店ではなかったし、店主は「ネタをあんまり用意してないんですが」と言うので注文はお任せ。

けどそこそこ美味しく、まあ、満足。1時間ばかり呑み食いしたがおなか的には物足りなかったので明菜ちゃんを駅まで送った後、昨夜の晩飯とは同じだけれどまたしても牛丼を食べてから家に帰ったのであった。

まゆみちゃん効果

今宵もGALWAYのオープンマイクに参加。先週と同様、カウンターにまゆみちゃんが入るということで、大盛況。集客力あるよな~。おっさんはやっぱり若い娘が好きなんやなww

で、店に入るや否やまゆみちゃんから「こうめさん、カモメが翔んだ日の伴奏お願いしていいですか~?」と訊かれ、やらいでかっ!と。

1巡目はギターで2曲弾きがったのだけれど、2巡目が回って来るころにはかなり遅い時間になりそうだったのでまゆみちゃんのピアノ伴奏をしてから帰ることにした。

いきなり頼まれたので、言うてもコード弾きくらいしかできないが、ピアノ伴奏までにかなり呑んでしまったのでコード弾きもままならない状態であった。

まだまだやなあ・・・。

寒い花見と練習中転寝

5月19日(土)にウナコーワ(ユニコーンのコピーバンド)がライブに出るのだが、今日はそれに向けての初練習。

例によって東京からギタリストのカズちゃんが来るので、昼から花見の呑み会をする・・・と、午前中に連絡が来た。

すぐには家を出ることができなかったので1時間半遅れの1時半に合流・・・したのはいいものの、気温は低く風は強く、とても花見を楽しめる天候ではない。桜もほぼ散ってしまったし。

ってことで、ほどなくカラオケに移動。まったく歌わず呑み続けた(^-^;)。

結果、肝心の練習ではあまり上手く弾けず、挙句の果てに曲の合間にメンバーが色々と話している最中に転寝(うたたね)してしまった。

あかんあかん。

本番は大トリなのでそれまでに呑み過ぎないようにしなければ・・・と、いつもながらの学習能力のなさを露呈してみる。

湧き出るおっさん

今宵のオープンマイクはどうしようかなあ。これと言って絶対に演奏したい曲があるワケでもないしなあ。けど今宵もカウンターにはまゆみちゃんが来るらしいしなあ。

と、いつものように行こうかどうしようか迷うと大抵は行くことになる。

最初は少なかったお客さんも一人また一人と増え始め、すぐに十人を超えた。目当てはやはりまゆみちゃんなのか、来る人来る人おっさんばかりで女性の客はゼロ。

まあ、しゃーないなあ。自分もその一人だし。

何となくピアノが弾きたくなり、最近よくピアノで弾き語っているサザンの『慕情』と、久しぶりのエルトン・ジョンの『Your Song』。

後者はやっぱりいい曲なのでもっかいちゃんと練習しよっと♪

そんな予報

週末にイベントやら何やらと予定が多いので、平日はできるだけ質素に行こう、けど、仕事がバタバタしててストレスも溜まってるので立ち呑みでも行きたいなあ、いやいや、節約や。

と悩んだ末に、昨年から時々実施している『外呑み』をすることにした。今年初めて敢行した前回はまだ寒かったが、もうすっかり暖かい・・・てか、桜も早々と散り始めてるもんなあ。

が、駅まで歩いている時にほんの少しだけ雨が降り始めた。
ん?そんな予報なん?
と、スマホで確認してみると、17:00~19:00が小雨の予報で、それ以外は曇り。

狙ってんのかっ(-“-;!

とは言ってもめちゃくちゃ小雨だったので缶ビールを買って階段に座って呑み始めた・・・ものの、すこ~しずつ降り出したので15分ほどで終了。

う~む。

神経障害性疼痛

昨日の夜から、右の太腿の表面と言うか皮膚の下と言うか、そのあたりがピリピリと痛くて今日になっても痛みが取れないので調べてみたのだ。

すると『神経障害性疼痛』であることが分かった。おそらく、間違いない。

外見的には何もないのに、ピリピリ痛むというこの症状の原因はストレスとビタミン不足らしい。まあ、ストレスはサラリーマンをやっている以上ずーっとあるので、今回はビタミン不足が大きいのだろう。

よく考えたらこれまでも二の腕に同じような痛みが発生したりしたこともあったのだが、放っておいたら自然に治ったし、まさか病名がついているなんて思ってもみなかった。

とにかくまあビタミン剤を飲んでみると、痛みが引いた・・・ホンマかいな(^-^;)。

ちょうど治るタイミングだったのかも知れないし、それを言えば風邪薬なんかも本当の効き目は分からんもんね。

西宮オカリナフェスティバル

嫁さんのお姉ちゃんと我が家の女三人が有馬温泉に行っているので、昨日からプチ独身。

心置きなく部屋を散らかしていると午前中に一旦帰宅したので焦ったが、車を置いて電車で旧花鳥園に行くとのこと。

「帰りが遅くなると思うので晩御飯は自分で何とかして~」と言われて、喜び勇んで夕方にギターを担いで音友が出演する『西宮オカリナフェスティバル』へ。

夙川の公民館まで自転車を駆り、会場に到着したのは16時半。音友の出番は17時過ぎであった。

オカリナのアンサンブルを聴くのは初めてで、とても心地良い音色に癒され、音友の出番が終わると席でうつらうつらしてしまった(^-^;)。

18時半の最後まで観て、『松のや』でカツ丼を食べていると嫁さんから電話が入った。三宮から帰るところだから、2号ちんをお風呂に入れて~と。

実はこの後TREKさんにでも寄ってギターで遅くまで遊ぼうと目論んでいたのだが、そんなに早く帰ってくるのならさっさと帰宅せねばっ!・・・と、担いだギターの出番もなく家に帰ったのであった。

ラーメン屋GALWAYデビュー

何か毎週明菜ちゃんに会っているが、まあ音楽ユニットの相方だしライブが立て込んでいるので仕方がないというか大歓迎なのである。

てことで、今宵はGALWAYでラーメン屋のライブデビュー。彼女は今、仕事がめちゃくちゃ忙しくて、ライブの時間に間に合うために昼飯を抜いてまで駆けつけてくれた。

くじ引きで決まった演奏順は4組のうちの2番目。いい感じである。

他の組もほぼ知っている人ばかりでアットホームな雰囲気での演奏となったが、やはりステージに立つと舞い上がるのか細かいミスが目立った。こればかりはピアノ伴奏としての経験値を積むしかない。

でも、楽しくできたし、他の組の演奏も楽しめたし、良い夜になった。

これから先、レパートリーや演奏場所を拡げて行くのが楽しみなユニットである。

浮かれ気分でRock’n Roll

朝からGALWAYのオープンマイクに行く気満々。
実は月曜日、眼科に行った後、眼帯をした片目のままで久しぶりにギターの練習ができたこともあるし、音友のまゆみちゃんがバイトとしてお店のカウンターに入ることもあるし、明日のGALWAYでのライブの宣伝をするのも理由。

初めてお会いする20代の女性ともお友達になれたし(しかも、二人)、久しぶりにお会いする音友もいたし、楽しすぎて呑み過ぎた。あ、いつものことか。

二巡目が回ってくるくらい遅くまでいたのに、演奏よりも呑んでお喋りする方を優先してしまい、結局は一度ギターで弾き語っただけ。

あ、いやいや。

音友さんのバックで鍵盤を弾いたり、ギターで20代女性音友の伴奏をしたりもしたし、楽しい夜でした。

またしても角膜損傷

2年近く前に角膜を損傷して以来、コンタクトレンズを着けたまま風呂に入らないようにしていた。張り付いちゃうので。

ところが一昨日、風呂に入る前に普通に外そうとしたら張り付いていて、またしても角膜損傷である。

昨日は痛みもあんまりなかったので軽度なんかな、ほっておいたら治るかな、と思っていたらそんな甘いものではなく今朝は目が開かない状態だったので会社を休んで眼科へ。

「早めに来てもらって良かったです」と、眼科医。やっぱりそこそこの傷がついているようで「コレコレ」とよく分からん画像を見せてくれた。

風呂云々は関係なく、これからは目薬を差してからコンタクトレンズを外すようにしよう。

ラーメン屋デビュー

明菜ちゃんとのユニット『ラーメン屋』のデビューである。一度オヤジの会に出たことはあるけれど、あれはオープンマイク的なイベントだったので、ちゃんと枠を確保してのブッキングライブとしては初なのである。

ちなみにユニット名は明菜ちゃんが勝手に決めたもので、僕が去年の夏あたりに手拭いを頭に巻くというスタイルをずーっと続けていたのでこういう名前にしたのだそうだ。

今回は初めての場所でもないし、知らない人ばかりでもないけれど、状況的にはアウェーなので出番まではアルコールを控えようかなあなんて殊勝な事を考えていたのに、明菜ちゃんに唆されてついつい前呑みをしてしまった。

けど、出番までに呑んだ量はビール1杯半。酔いの影響はない・・・が、緊張してしまった。

大きなミスはなかったけれど、細かなミスがいっぱい。ま、場慣れしていくしかないわなあ。鍵盤の伴奏とボーカル、という形でのライブ自体、初めてだし。

イベントはとてもアットホームでゆっくりと寛げたので、機会があればまた参加したいね、ということでまずは成功としておこう。

撤退ならぬ中断

もうかれこれ1ヶ月半くらい前になるのかー。
「こらアカン。撤退じゃ」とまだ何も始めていないうちから撤退することにしたのだけれど、「中断」という手もあると聞いたので、とりあえずサポート窓口にメールを送った。

そもそもアメリカの会社だし、メールアドレスも「~.com」なので英文で中断したいという内容のメールを送ったのだけれど、返ってきたのは日本語だった(^-^;)。

対応も早いし、しっかりしているし、有望なビジネスだし、僕に人脈さえあれば月に数十万円からあわよくば百万円超えもまったく夢ではないのに・・・もったいなけどしゃーないなあ。

誰か、やりませんか(笑)?

低モチベーション

最近は鍵盤伴奏の練習ばかりしていて、ギターの練習をほとんどしていない。

元来飽きっぽいので同じ曲ばかり弾き語っていても飽きるし、新しい曲に取り組みたいところだけどなかなかそんな時間も取れない。

そんな状態でオープンマイクに行ったところで気持ちが上がって来ないので、久しぶりに『外呑み』を敢行。アルコール度9%はやっぱり効くねぇ・・・てかまだ寒いねぇ(^-^;)。

で、酔いの勢いをつけて行ってみたものの、やっぱりアカンかった。

「この曲をゼヒやりたいっ!」とか「聴いて聴いてっ!」というモチベーションにならないと慢性的に演奏しているだけになってしまう。

ってことで、21時に早々にお暇しました。

過去最多ビギナーズナイト

雨が降っているし、今回はガラガラかも、と思いながらGALWAYの扉を開けると、まだ7時20分だというのにビギナーズナイトは始まっており、お客さんもすでに10人以上いる。

先月なんてお客さんが少なくて3巡も回ってきたのに、今宵は2回目が回ってくるかどうか・・・と思っていたら、そこからさらに続々と入店してきた。

で、ハタと思い当った。

明日は世間は祝日やからかーっ!・・・僕は仕事だけど(ToT)。

とにかくまあ、最終的には延べ30人近くだったのではないだろうか。ビギナーズナイトでの過去最多記録だそうである。

珍しくMaHoちゃんがバンドメンバーを連れて来ており、ボーカルのクセに「今日はメンバーを連れてきただけ」と歌おうとしないので、僕がピアノ伴奏するからと口説き倒して一緒にステージに立った。

僕たちの演奏中にさらに2人入ってきてその2人がトリで演奏。

1巡するだけで22時半近く。

いや~、楽しかったわあ♪

立ち呑みデート

嫁さんが友達と呑みに出掛けるので留守番の予定だったのだが、その友達が子供を連れてくるのでウチも連れて行く、ということになった。

つまり、家で一人・・・てか、心置きなく出掛けるチャンスやん!

ってことで、先週断った練習に急遽参加することにした。明菜ちゃんとの二人ユニットの練習である。

練習後、今日は早めに帰りたい、と言いつつ彼女が選んだのは立ち呑み屋。つまり、長居したくないってことやな(^-^;)。

先週も遅くまで付き合ってもらったし、まあたまには早く帰ろうってことで18時前から呑み始めたハズなのだが、結局2時間半くらい呑んでたのではなかろうか。

それでもまだ時間は早く、家に帰ると21時半――無人やっ(ノ゜⊿゜)ノ!

風呂に入って、コンビニで買ってきたおつまみをアテにさらにビールを一本呑んでも帰って来ない。結局23時半頃に床に就いたがまだ帰って来ない。

心配ではあるが、眠気が勝ってしまった。

小学校の同窓会

実は先週、知らない女性から「昭和55年に〇〇小学校を卒業されたうめさんですか?」とのメッセージが届いていた。が、その後スマホからどこを見てもそのメッセージが見つからず、PCで見てやっと見つけた。

で、メッセージで連絡を取ってみると、小学校の同窓会を計画している、と言う。

ちなみに僕は6年生の2学期が終わってから転校したので正確にはその小学校を卒業していないのだけれど、それまでに卒業アルバムの写真は撮っていたので、アルバムも持っている。

その後LINEのグループに入り、同窓会サイトも覗き、イマドキはこうやって旧友を集めることができるんやなあ、と感心した。

しかしまあ、全然覚えていないと思いきや結構覚えているもんで、「うめちゃん久しぶり~!」なんてコメントをもらうと嬉しくなる。

こりゃあもう、出席せなあきまへんな。

4軒ハシゴ

今月末に2件ほどライブが決まっている。どちらも明菜ちゃんとの二人ユニットで出演する・・・ってことで、今日はその練習日。

2時にLive Bar UGOに集合すると、まずは乾杯(笑)。それから練習開始。
何だかんだで7~8曲くらいはやったのかな。僕のスキルがまだ足りないので個人練習はせなアカンけど、目途は立った。

その後、明菜ちゃんが連れて行ってくれたのは大分は中津の唐揚げを食べさせてくれる居酒屋。ビールも一杯180円だし、とにかく安くて美味い。財布に優しいねぇ。

いい気分で酔っぱらうとUGOさんに戻り、すでに始まっていたイベントに乱入。知っている人も何にかいて大いに盛り上がった。

で、最後はまだ終電までちょっと時間があるということで、前に一度行ったことのあるタイ料理居酒屋でまた唐揚げ(笑)。

都合4軒、よく遊びましたとさ。

Home > プライベート Archive

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 6月 2018 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top