Home > 会社のこと Archive

会社のこと Archive

神鋼問題

先週来、日本だけではなく世界中を賑わしている神戸製鋼の品質データ改竄問題。
我が社にも時々「神鋼製の部品は使用していませんか?」みたいな問合せが来る。

特に、品質保証部門が大きく関わっていたそうで、今朝は出社するなり上司から「ウチは大丈夫やろな?」なんてことを言われた。

曲がりなりにも日英の品質保証責任者なので、そんな大それたことができるワケもなく「大丈夫ですっ!」と胸を張って答えたが、まかり間違って僕の目の届かないところでそういう不正が行われていたら、と思うと恐怖を感じる。

嫌われても嫌われても、厳しく手綱を引き締めていくしかないんやろなあ。

保護中: Wの暴走

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

職務怠慢のお咎め

先週、アメリカに出張していた北取締役が僕の席に来た。「イギリスの取締役が梅ちゃんに激怒してたで」

何か怒られるようなことをしたっけ?と、ビクビクしていると、今年進めることになっていた品質関係のプロジェクトを中断させていることに関して、ということであった。

同行していた常務も「職務怠慢や」と怒っていたらしい。

エラいこっちゃっ!!

それには当然理由があり、プロジェクトよりも何よりも優先しなければならない品質マネジメントシステムの再構築に注力していたためなのだが、上の人からしたら「そんなもん、言い訳や」の一言で済まされてしまう。

そろそろリカバリーしなきゃ、とも思っていたので、ギアチェンジして頑張らねばっ!やらねばっ!!

結局、直接説明して叱られるために、10月末にイギリスに行かされることになってしまった(* ̄□ ̄*;・・・。

後ろ向きの同窓会

前職の同窓会が開催されるということで、あまり乗り気がしないまま参加した。

何とまあ60人近くが集まるという参加率。

が、高校の同窓会の時と同じように、こういう場ではどうしても『人見知り』の性格が前面に押し出されてしまって心から楽しめない。

職場での同僚や後輩、先輩、上司なんて、所詮はうわべで付き合っているに過ぎないので、色んな人と薄く浅く話はしたけれど、盛り上がらないのである。

性格的に、同窓会には向いてないねんなあ。

気心の知れた数人と会ってどんちゃん騒ぎをする方がやっぱり楽しい。次回は、欠席かなー。

9ヶ月は過ぎてない

今日は書くネタがないので、朝礼の話を・・・って、このネタもこれまで何度か書いたような気がするんだけど。

毎度毎度の北取締役の朝礼での演説である。

「暑さも和らいできて秋っぽくなってきました。今年ももう9ヶ月が過ぎました」

過ぎてるかっO(≧▽≦)O!!

もうこのネタ飽きたよ、北さん。

関係ない台風

台風5号が接近中で、午後には直撃の予報。

知り合いの会社は昼から帰るように言われただとか、2時半にはもう帰れと言われただとか、そういう対応をしているが、安全管理の甘い我が社はそういう対応は無し。

・・・と言うか、どうせいつものように大した影響はない、と高を括っている部分もあるだろうし、全社員半休なんてことにするとその分の生産量が落ちる=業績低下につながる、という部分もあるんだろう。

夕方にはJRの新快速が止まるという運休のニュースもあったようで、ほとんどの人が定時後早めに帰っていたようだが、結局のところ何の影響もなかった。

まあ、いつものことだし、またしても会社の判断が正しかった・・・ってことなんだろう。万が一何かが起こったらどうすんのかな、とも思うんだけど。

生寛平ちゃん♪

会社のサマーフェスティバルである。昨年は途中から雨がポツリポツリと降り始め、最後には土砂降りになったのだが、今年は何と5時ジャストから土砂降り。

嫁さんと娘たちは5時15分くらいにバスで到着したものの、あまりの雨の激しさに、バス停の屋根の下で勢いが治まるのを待った。

しばらくすると小降りになったので構内にやってきたが、ほどなくまた土砂降り。

今年は寛平ちゃんが登場、という目玉があるので粘って待っていたが雨は止む気配もなく、帰る人まで出始めた。

中止、という判断もされていないためそのままずーっと待っていたのだが、結局1時間後にようやく雨が止み、そこからの開催となった。

毎年の如くクジには当たらなかったが、寛平ちゃんが観れたから良かったかな。

ピザランチ♪

今週はエンジニアリングミーティングってのが開催されていて、品証である僕は関係ないのだが、イギリスから来日中の3人のうちの一人は最近チーフエンジニアに就任し、初来日なので顔合わせのために関係者でランチします、ってことで品質の責任者である僕も呼ばれた。

本館の会議室に於いて、ピザをデリバリーしてもらい、世間話をしながらのランチである。

2切れも食べるとお腹いっぱいになってしまって、その後はチキンナゲットやポテトをつまんでいたのだけれど、日本側の参加者のうちの一人が新卒のエンジニア。

背はそんなに高くないし、細身・・・なのに、食べる食べる!

一人で一枚・・・つまり、8切れくらい食べていたんじゃなかろうか。若い男子がバリバリ食べる姿は見てて気持ちいいねえ・・・そして、羨ましい(笑)。

保護中: 根は変わらず?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

一瞬の再会

今日は時短の日で、9時出社。

いつもと違う時刻に電車に乗り、バスに乗り換えようと歩いていると、向こうから見たことのある男性が。

前々職の先輩であった!

会社が解散して以来会っていないので、何と17年ぶりの再会である――がっ!

僕「おおっ!?」
先輩「よおっ!びっくり!!」

仕事帰りの再会であれば立ち話に発展したハズなのだが、如何せん、お互いに出勤途中。たったこれだけの会話ですれ違ったのであった。

一緒に映画を観に行ったこともあるし、堺市の頃の実家にも来たことがある先輩だったんだけどなあ。

保護中: 一人7000円

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: それは営業マター

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

丸投げ部下

今年になってから英国本社のさらにその親会社からの品質要求が来るようになっており、項目も多いし、英語も難しいし、分からないことだらけなのでボブとFace-to-Faceで打ち合わせがしたい、という僕の希望が通ったのも、彼の来日理由の一つである。

常務が「うめが楽したいだけちゃうんか」とか英国の取締役が「ビデオ会議でしたらええんちゃうんか」とか言っていたようだが、とにかくそんなレベルの内容ではないのである。

が、ボブは先週「レビューはどれだけできた?」と僕にメールを送ってきた。いやいやいや。僕だけでこなせるような内容じゃないから日本に来てもらって一緒にレビューをしようって言うてるんやんけ!と思いながら何項目かはレビューしてみたが、やっぱり無理。

で、実際に顔を合わせて内容を説明してもらおうと思ったら「内容が難しすぎて分からん」とのこと。だから僕に丸投げした、とのこと。

あのなあ。

英語のネイティブスピーカーが理解でけへん内容を、僕が理解できるかっちゅーねん!

結局、二人であーだこーだと進めるしかないのであった。

塚田農場

今日から金曜日まで、部下のボブが来日。

初日の今日は接待なしで一人で食べに行ってもらおうと思っていたが、僕自身、やけにお腹が空いていたので晩飯に連れて行くことにした。

さらに、彼が宿泊している大阪まで行くのは面倒なので、阪急塚口周辺で食べることに。

で、『塚田農場』に行ってみた。チェーン店なので何ヶ所かに店はあるはずなんだけど、初めてである。

行ってみて驚いた。とにかく、サービスがきめ細かい。味も美味しい。先月に行った北新地の居酒屋とは雲泥の差である。

ビールの泡にカシスで似顔絵やメッセージを書いてくれたり、一品、サービス(つまりタダ)でパスタを供してくれたり、サービスのデザートのプレートに絵を描いてくれたり、店を出るとすぐに追いかけてきてお土産のスペシャル味噌を持たせてくれたり、最後には横断歩道を渡り終えるまで「ありがとうございましたー!」とお辞儀。

社員教育やサービス内容に脱帽するばかりであった。こりゃあ、また行きたいって気持ちになるね。

新社長

本社の社長が5年ぶりに交代となる。

新社長は4年前は専務で、さらに我が部門の取締役を兼務しており、実は一緒にイギリスに出張に行ったこともあるのだ。

二人っきりで行ったワケではないので覚えられているかどうかは自信がないが、もし東証一部上場企業の社長に覚えられているとしたら、凄いことやな~。

ここしばらく業績が低迷しているので、新社長と共にV字回復を目指して切磋琢磨していく所存であります(←お前は何様)。

3%?いや2%?

ボーナス日である。支給の直前に『管理職会報』なる集会があり、今年の管理職の年収は昨年比で約3%カット、という通達があった。

月給からは引かれず、半期払いから引かれるという。さらに、今年は夏と冬のボーナスは同額とのこと。
ってことは、今回引かれた額の2倍が年収からのカット分ということである。

で、計算してみると、3%ではなく2%程度であった・・・どういうこっちゃ?

自分の場合は1%の昇給があったのだろうか?
けど、特に職級も上がっておらず、もう長年この位置に停滞している身としては、昇給する理由はない。

後で「計算間違いだったので1%分は返還してくださいー」なんてことにならなきゃいいんだけど(^-^;)。

保護中: 個室寿司

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 70点かいっ!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 新OASISとか

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

劣るとも勝らない居酒屋

久しぶりの接待である。イギリス人3人と日本人3人。幹事は僕。

今回はヒルトンに泊まっているので、北新地の良さげな居酒屋を予約した。

すると、いきなり狭い個室仕様の席に案内され、3人ともでぶっちょのイギリス人たちは満員電車状態。さすがにこりゃアカンやろ、と、席を替えてもらった。

なかなか対応はいいのだが、通された広めの部屋は何だか古臭い。

で、極めつけは料理そのものの内容だった。北新地で5000円飲み放題のコースなので高いクオリティを求めるのは間違えているのかも知れないが、チェーン店居酒屋に劣るとも勝らないレベルであった。

仕方がないので追加で何品か注文したが、それでも「まあまあ」。

二度とこんな居酒屋を接待で使ったらアカンなあ。

オナカイタイ

夕方、業者との打合せの約束をしており、少し早めに会社を出たのだが、急激にお腹が痛くなった。元々胃腸が弱いのでよくあることなんだけど、何だかいつもと違う。

トイレに行って用を足しても痛みが治まらないのだ。

こらあかん。

業者に連絡して、別の日に振り替えてもらうことにした。

僕はと言えば、公園のベンチに座って痛みに耐えながら1時間半も過ごすハメになり、多少痛みが治まったのでまっすぐ帰ったのだが、まだ何かお腹がキモチワルイ。

年のせいかなあ。

保護中: 自腹はアカンやろ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

道半ばの日英併記文書

仕事は速い方だと自負している。いや、帰るのが「早い」のか(笑)。

と言うか、キータイピングがめちゃくちゃ速いので、それだけでも他人の2倍以上は速いハズだし、さらに日英混じりの文章ともなると、他の人の何倍速いねん、というくらいであるが、仕事中ずーっとタイピングしているワケでもないので、早めに帰る分、仕事量は他の人と変わらないのかもね(^-^;)。

今は空き時間に『Quality Policy Manual』という文書の改訂ドラフトの作成に取り組んでいるのだけれど、こんなに速い僕なのに、まだ半分くらいしか終わってない。

他の人がやれば1年はかかるよな、と自分を慰めつつ、自惚れつつ、または叱咤しつつ、多少はうんざりもしてきているのである。

カワイイ取締役

毎週水曜日は『ノー残業デイ推奨日』。

定時退社を目標にしなさい。無理な場合でも残業1時間以内には絶対に退社しなさい。という日である。

何が何でも定時の17時ぴったりに上がらなければならないワケではないので、ほとんどの人が17時には退社しない。

が、まずはそこを目標にせんかい!というのが取締役の意図である。

で、17時10分頃になると取締役は「みなさ~ん、水曜日ですよ~、早く帰らないとダメな日ですよ~、私はもう帰りますよ~」と叫びながら事務所をウロウロし始めた。

何か、カワイかった(笑)。

全問正解で一安心

JISQ9100という品質保証に関する要求事項の2016年度版が昨年にリリースされ、今日は講師を呼んでセミナーを開催した。

グループ内で本当に一生懸命レビューしているお蔭で、今日のセミナーもよく理解できた。

最初の8問の小テストでは、参加人数20人中いきなり全問正解は2名のみ。

次の10問の小テストでは、ビミョーな問題の裏をかいて快感。
部下の藤林君が的を射た質問を繰り出していたが、実は僕もそこには気が付いていたので迷っていたところ、講師が「今回はひっかけ問題はありません」と言ったので、単に表現の綾だろうと考えて正解したのだ・・・って、一体何のことを書いてんねん状態ですみませぬ。

3回目の小テスト6問、最後のテスト10問もすべて正解し、都合34問全問正解であった。

ということで、仕事の後はたーけん家で気分良く練習に勤しんだのであった。

保護中: ホンマに大丈夫かいな

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

フレックスタイム導入?

先週の金曜日の会議で、我が部門ではフレックスタイムの導入を検討しており、5月から実施するとの話があった。

で、今日のグループミーティングで、部下たちへの説明に困った。

コアタイム、つまり絶対に会社にいなければならない時間帯は10時半から15時半。これは分かる。
早出は朝の7時からOK。これも分かる。
残業は22時までOK。これも分かる。

問題は、説明の資料に書いてある最後の文章。
『当部門では、始業は8時15分を原則とし運用を開始する。』

「はあ?結局、10時半の出社はダメってことですか?」
当然、そういう質問が来るよなあ。

フレックスタイムを導入するのだから、10時半出社はもちろんOK。だから、8時15分出社は強制はできないのだそうだ。この「原則とし」という表現も曖昧で意味が分からんなあ。

最後の文章は要らんのでは、と思うんだけど。余計に混乱します。

保護中: だからダメなのだ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: どん底付近の業績

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

英語の仕事

最近は特に大きなクレームもなく、マネジメントミーティングが控えていて資料作成に追われているとかでもなく、仕事的には安定しているのに、やたらと忙しい。

やらないといけない仕事がたくさんあって、部下に任せられるような仕事もなくて、何だか追われまくっている。

部下の中に英語ができるメンバーがいないのもツライところで、英語が関わる仕事――特に文書や資料の作成――は全部僕がやらなければならない。

で、一番の問題は、僕自身の英語力の低下なのだΣ(|||▽|||)。

ド忘れしている単語が増えてきており、その意味や使い方を調べるのについつい時間が取られているのである。

また、英語の勉強しよっかなあ。

保護中: 最低のJ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 部分的なウソ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: ある意味達成感

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 典型の結果

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 僕だけが知っている

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: まるでゴキブリのような

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 穿った見方

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 綱渡り的監査

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 総合新年会

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 今年のカレンダー

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

イギリス出張・6日目

ヒースロー空港から羽田空港に到着すると、荷物受取場所で僕の名前が書かれたプレートを持ってJALの係員が待ち構えていた。

英国側の係員とは数回メールでやりとりはしていたのだが、ちゃんと日本側にも連絡が行ってたようで、こういうところはしっかりした会社だなあ、JAL。

1個取れてしまっているキャスターを、乗り継ぎの時間内に修理してくれんのかな?と思っていたのだが、そういうことではなくて、このまま家に帰って荷物を出してから修理会社にスーツケースを送って下さい、とのこと。

めんどくさいけど、仕方ないね。

毎回、イギリス出張の時は家で晩飯を食べているので今回は何の連絡もせずに帰ったら、嫁さんが「え?晩御飯要るの?何も用意してないけど」と(ToT)。

やっぱり今回の出張は初めから終わりまでツイてなかった。

が、さっさと作ってくれたラーメンはインスタントだったけど、イギリス滞在中に食べたどの料理よりも美味しかったのである。

ニッポン、万歳。

保護中: イギリス出張・5日目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

イギリス出張・4日目

クリスマスランチとかで、昼は食堂に社員が一斉に集まり、前菜+メイン+デザートという昼飯だった。おまけに今日に限ってはビールやワインを一杯だけ呑んでもいいとのこと。

が、泌尿器系に心配がある僕はオレンジジュースにした。前に書いたかと思うが、こちらはセキュリティが厳しいのでいちいち「トイレに行きたい」と言って事務所の外にあるトイレまで一緒に来てもらい、終わるとセキュリティキーで事務所の扉を開けてもらう、ということをしなければならない。

アルコールなんぞ呑むと、トイレが近くなる可能性大なので、何度もそういうお願いをするのは気が引けるのである。

現地の人たちはクリスマスランチだと盛り上がっていたが、美味しかったのは最初のスープくらいで、後は食べる機会が少ない野菜が出たのでここぞとばかりに色んな温野菜を頬張った。メインはそんなに美味しくなかったし。

藤林君はビールを呑み、デザートまで完食。

最後の夜なのでその分夜に呑むぞー!と、晩飯の時にはビール2杯にワインもグラスに3杯くらい呑んだ。久しぶりに肉が食べたくなって注文した料理はやっぱりそんなに美味しくもなく、例によって残してしまったが。

デザートは丁重にお断りしてコーヒーだけちびちびと呑んでいる僕を尻目に、藤林君はまたしてもデザートまで完食。本当に羨ましい(笑)。

その後、昔ながらのバーに連れて行ってもらったが、ビールはそんなに冷たくもなく、どちらかというと温いくらいで、味も苦いばかりで、不味いビールってのも珍しいなあ、と、今回はやっぱりツイてない状況を再確認した夜であった。

イギリス出張・3日目

今夜はフィッシュ&チップス。特別美味いわけではないが、十分食べられる美味しさでもあり、そういう意味では安心して食べられる。

が、量が多く、昨夜と同じく結構残した。同行している部下の藤林君は昨日も今日も完食である。その胃腸が羨ましい。

晩飯が終わって一旦ホテルに戻り、約束していたアンディと再会。ところが僕と同じように咳に苦しめられている藤林君は体長が今一つ、ということで挨拶をしただけで部屋に戻ってしまった。

なので、アンディと二人でバーへ。

そこでは何やらカントリー系の生演奏が繰り広げられており、機会があれば乱入して弾き語ろうと目論んでいた僕ではあったが、あまりにもジャンルが異なるので諦めてアンディとお喋りと楽しんだ・・・のだが、その演奏のボリュームが大きすぎて、アンディは「しまったなあ、バッドチョイスだったなあ」と嘆くことしきり。

けどまあ、時々こうやって会えるというのはありがたい出張ではある。来年また会えるかなあ。そう言えば日本に旅行に来るかも、とか言ってたけど。

イギリス出張・2日目

今年は3回目のイギリスである。

イギリス出張の何が楽しみかと言えば行き帰りの飛行機で思う存分映画を観られることだが、今回は大した映画はなかった。

となると、美味しいものが食べられるか、だが、体調も良くない今はお茶漬けでも食べたい気分である。

が、連れて行かれたのは過去に行ったことのある港のそばのシーフードレストラン。

いつも、行く前に予習しなきゃと思うのだが、結局それも忘れており、メニューを見ても相変わらずちんぷんかんぷん。

その中で「mussels」という単語があり、これは聞いたことがあるぞー、ということで何かは分からんが注文してみた。

ら。

貝(──┬──__──┬──)!!

基本的に貝は苦手なのだが、バケツ状の器にムラサキ貝がわんさかと入っているという料理だった。アサリの酒蒸しみたいなものか。

そう言えば前回、イギリス人のチーフエンジニアが美味い美味いと言って食べてたなあ。その時に字面だけ覚えた単語だったのか。けど、これでもう覚えた(笑)。

他に食べるものもないので仕方なく食べた。
貝が好きな人にとっては美味しいのかも知れないが、そうでない僕にとっては、まあ、そこそこ。時々う〇このように臭い貝が混ざっているのに閉口し、いくつか残したまま晩飯を終えた。

やっぱり今回は何かツイてない気がする。

イギリス出張・1日目

イギリス出張なので、毎度のことながら日曜日だというのに5時起き。
で、今回はのっけからさんざんであった。

まず、ヒースロー空港に着くとスーツケースのキャスターが1個ない!
JALのスタッフにクレームするとエラい恐縮して謝ってくれたが、そんなに使い倒しているスーツケースでもないんやけどなあ。いきなりモチベーションが下がった(^-^;)。

次に、ホテルに到着すると、何と「予約は明日からです」と言われて焦りまくった。
会社が予約してくれた紙を見ると、12th(Sun)と書いてある。曜日は合っているが、日にちが間違えているのだ。満室ではなかったので、あっさりと今日からに変えてくれたけど。

そして何よりもまだ咳が治らず、時差ボケで寝られず、もうすでにぐったりなのである。

保護中: 大阪でのセミナー

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: この6年で最低

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 集力?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: まだまだお世話になります

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Home > 会社のこと Archive

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 10月 2017 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top