Home > 会社のこと Archive

会社のこと Archive

管理職懇親会

今の会社に転職して以来、一度も出席したことのない本社主催の管理職懇親会についに参加してみた。

そもそもの始まりは、転職したばかりの頃、当時グループ長だった北さんに「こんなもん、参加せんでもエエで~」と言われたからであり、さらに本社の管理職の人たちなんてほとんど知らないし、我が部署から誰が行くかも分からないし、とまあ色んな理由があって出席したことがなかったのだ。

しかし、時が流れ、状況も変わって、北さんも参加するようになったし、他のグループ長も参加している様子なので、まあ、知っている人が数人でもいるなら、と考えたのである。

会場に着くと、くじ引きを引かされて席が決まる。『N』であった。テーブルがNまでで、参加者が120人程度ということなので、一つのテーブルを8~9人が囲むこととなる。

Nのテーブルには知っている人が一人いたのでその人と他愛のない話をしたが、まあ、間が持ちませんな、極度の人見知りとしては。

手っ取り早く人見知りを解消しようと思って早めにビールから焼酎のロックに切り替え、酔った勢いで他の人たちとも色々と話したけれど、来年からはやっぱり参加しないでおこうかなあと思ったのであった。

何となく寂しくなって帰りにTREKに寄ってトレさんとバカ話(笑)。

保護中: 研修サポート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 無断遅刻

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 3バカラス

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 頭痛だけど・・・

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 既定路線かいっ!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

審査機関を審査したい

1ヶ月以上前から、次回の監査の日程を調整すべく、審査機関とやり取りをしているのである。

が、ここは本当にヒドい。とにかくレスポンスが遅い。
メールを送ったら、その日か、遅くても次の日に何らかの返信をするのが客商売ちゃうんか。
明確な回答ができないとしても「メールを受領しました。現在検討中ですので来週中には回答いたします」というような。

最後に送ったメールから一週間以上返信が来ないので、先週の金曜日に「どうなっていますか?この理解で合ってますか?」と再度メールを送ったのに、今日になってやっと電話が掛かってきた。

おまけに、一旦決めた日程をひっくり返す始末。1ヶ月以上何をやっとんねん。

さらにさらに、「前回の審査レポートに、次回の予定は9日間と書いていますがこれでいいでしょうか?」と来た。知らんがな。

審査工数の計算はその道のプロである審査機関がやるものであり、客であるこちら側としたらそれが分からないので何度も「6.5日という計算で合っていますでしょうか?」と訊いているのに、今になってこちらに質問するとはどういう了見やねん。

本当にちゃんと業務できてんのか、こっちが審査機関を審査したいわい。

♪マークの意味

事務所内で使われている回覧用のリストがあるのだが、各人の名前の横が空欄になっており、読んだらチェック印を入れて次の人に回す。
こんな感じ。
Aグループ長
B係長
♪Cグループ員
Dグループ員
♪Eグループ員

今日、管理職のミーティングにて、とあるグループ長からこんな話が挙がった。
その部署の台湾人女性社員から「♪マークはどういう意味ですか?」という質問があり、返答に困ったとのこと。

これまでそんなに気にしたことはなかったのだが、女性社員の名前の頭に「♪」が書かれているのだ。我が部署独特の風習ではなくて本社の風習なので、社内ではあらゆる場所でそうなっている。

まあ、リストを見れば一目瞭然で、女性であることが分かるように「♪」を付けているのだなあというくらいの認識しかなかったが、言われてみればナゼそういう区別をつける必要があるのか、という話になる。

昨今の風潮で考えるとこれは問題やなあ、こういう区別はやめるべきやなあ、特に深く考えてなかったなあ、慣れ親しんだ風景になってたなあ、という感想が挙がり、北代表取締役に至ってはそんなマークあったっけ?と。

で、僕も、
「♪マークがあるのは知ってたし、女性だという意味だと思ってたけど・・・」
と発言すると、北さんが、
「(分かってたんやったら)言えや!」
と。

はあ??

カチンときて即座に「言えやも何も見たら分かりますやん」と口走ってしまったが、この「言えや!」こそ問題ちゃうんか。

僕も転職して12年以上が過ぎ、すっかり古株社員ではあるが、北さんは僕よりも何年も前からこの会社に勤めており、その間ずーっと♪マークを見ているのである。
それを僕が「♪マークは女性社員の意味ですよ」って言えやってこと?なんで?

・・・あ、今日は結婚21周年記念日でした(笑)。

保護中: 対応遅れのトイレ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

呑み放題+ビール1杯

とあるビジネスの件で、3社合同でアメリカやイスラエルから来社されたお客さんを相手に、一日中会議。

で、珍しく接待にも参加してくれとお願いされていたので、我が社は日本人3人とイギリス人2人で7人のお客さんを相手に接待。

場所は中華料理。

まあ、そこそこの味ではあるが、個人的には大阪王将の方が美味しかったかも。庶民の舌なんですなア。

接待は9時前に終わったので、僕はその足でGALWAYに向かい、呑み放題でアルコールはもう要らん感じでもあったがビールを1杯だけ呑んで2曲を弾き語りして帰ったのであった。

保護中: 申し訳ないがキモチワルイ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 一列不在

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

有意義な時短勤務

昨日、しこたま呑むことは自分の中で予定していたので、今日は時短日にしておいた。つまり、10時出社である。

起きた時には10時出社どころか、午前中休みにしたいくらい気分が悪かったのだが、何とか1時間ちょっとで復活して、家を出た。

時短勤務ということで、17時過ぎには会社を出て、完全にアルコールを体から出すために(いやいや、この時点ではもう残ってなかったと思うけど)、駅から家まで45分のウォーキング。身体もスッキリ。

ちょっと前に北代表取締役から「時短日の連絡をギリギリになってからするな」と意味の分からんイチャモンのようなことを言われたのだが、今回は早めに設定して連絡したし、体調を復活させるという目的も果たしたし、有意義に使えて良かった良かった。

保護中: 政治的打診

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 台湾出張・4日目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

台湾出張・3日目

昨夜さんざん呑んだ割には二日酔いもなく(酔い過ぎないように水をガブガブ飲んでいたし)、予定通りに業者へ行き、無事に仕事も終えることができた。

ホテルに戻ると晩飯の集合時間まで1時間半ほど空き時間ができたので、ここぞとばかりにせっせと楽譜を書いた。本番までまだ1ヶ月余りあるが、なんかこう、追い立てられているように焦っている。
とりあえず、1曲は完成。

晩飯はホテル内のレストランにて中華料理。
北京ダックを目の前で捌くというパフォーマンスも観ることができた。

料理はなかなか美味しいのだけれど、昨日と同じくそんなにお腹が空いていないのであんまり量を食べられなかったのが残念。

幸い(?)にも、泊っているホテルの周りに遊ぶような場所がないので、晩飯を終わった後は2軒目に連れ出されることもなくお開きとなった。

保護中: 台湾出張・2日目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 台湾出張・1日目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 5分の1休

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: お得な降格?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 組織の不整合

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

本社の監査

毎年、本社の監査部門が各部門に対して内部監査なるものをやっていたようだが、対応者は取締役だったのでその内容については知らない。

が、今年からは各部長が対応することになったようで、つまりは僕は初めて対応することになったのだが、何を訊かれるのか、何を用意すればいいのかも分からないままドキドキしながら臨んだ。何といっても、相手は4人も大挙してやってくるのだ。

ら。

何だか和やかなムード。監査をファシリテートしてくれる室長さんの感じがとても良い。

外部の品質監査を受ける時も、頑固な審査員に当たるとこっちの気持ちもギスギスしながら対応したものだが、人当たりって大事だなあ、とつくづく感じたのであった。

で、監査自体は業務内容のヒアリングが基本で、結果としても特に問題なかったんちゃうかなー・・・多分。

ヨーロッパ出張・8日目

イギリス出張の時は、列車のラウンドチケットを事前に手配してもらって、空港と最寄駅間の往復はこのチケットを利用する。代金は40000円弱(もちろん、会社持ち)。

このチケットは1ヶ月以内に3日間使えるもので、その3日間は乗り放題である。もちろん、3日乗ることはなく、往復の2日しか使わないが、通常料金だとヒースローエキスプレスと列車のファーストクラスのチケット代として片道30000円近くかかるので、2回使うだけでもお得ということになる。

が、今回は行きはボブに車に乗せてもらったので、列車を利用するのは帰りだけである。

3日間乗り放題のチケットを1日しか使わないのはもったいないなあ、と思って、ラウンドチケットは次回の出張で使うことにして、今回の帰りは通常のチケットを購入しようと思い、北取締役に話すと「その方が安いんやったらそうして~。ファーストクラスじゃなかったらもっと安く済むし」と言われてしまった。

つまり、普通席で帰れ、と。

しかしまあ、今回は僕の他に北取締役とあと2名の取締役が一緒である。席のグレードが下がっても、一緒に帰るよりはマシか、と思ってそうすることにした。

窓口で普通席のチケットを購入すると、ファーストクラスの3分の1程度であった。会社に貢献したなあ(笑)。

困ったのはスーツケースを置く場所がなく、席の前に置いて狭苦しい思いをしたことだが、まあ、一人で気楽に帰れたので良しとしよう。

保護中: ヨーロッパ出張・7日目

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ヨーロッパ出張・6日目

朝食を食べに最上階に行くと、北取締役がいたので出発時刻を訊いたら8時15分発とのこと。昨日より25分も早い(^^;)。
今日はマネジメントミーティングの日なので、これはしゃーない。

イギリス側の取締役がどうも品質管理に、と言うか僕に文句があるようで、珍しくQAのプレゼンがトップ。
前回日本で開催された時は確か10分ほどでちゃっちゃと終わったのに、今回は1時間以上も議論した。

拙いけれど一生懸命な僕の英語が通じたようで、とにかく妥協点が見つかったので、プレゼンとしてはなかなか良かったんちゃう?とボブと後で話した。

今回、日本からは5人来ており、夕食はイギリス側の4人を合わせて9人。
メニューに何ちゃらビーフのもも肉サラダというのがあったので、前菜としてそれを注文。
が、運ばれてくるときに店員のおねーちゃんが「タイのビーフサラダ」などと言うのでメニューを確認すると確かにThaiと書かれている。Thigh(太もも)とは書かれていない。

てことで、昨日初体験したイギリスでのアジアンテイストを二夜連続で。
うん、これも美味い。

メインのTrio of fishは量が多いだけで味はまあまあ美味しいけどそんなに美味しくもないという程度で、とにかくおなかがいっぱいで半分くらい残してしまったのであった。

ヨーロッパ出張・5日目

後発隊(元々僕が予定していた組)は今日の夜10時頃にホテルに着くので、それまでは一人行動である。なので、余裕をぶっこいて8時40分にタクシーを呼び、ちょうど9時に会社に到着。

打ち合わせの相手はQAの2名だけなので、少々遅れようが何しようが構わないのだ。遅れなかったけど。

打ち合わせはサクサクと進み、3時には予定のアジェンダが終了してしまった。まあ、偉いさんたちだってこれくらいの時間に会議を終えて、僕を残してサッサと帰ったりしたこともあるワケだから、早めに仕事を終えても問題あるまい。どうせ自分一人だし。

しかしまあ今日はコーヒーやら炭酸飲料やらをガブガブ飲んだせいでトイレが近く、何度も行くことになってしまった。これまで何度も書いたように「トイレに行きたい」と伝えて連れて行ってもらうのがどうしてもイヤなんよなあ。セキュリティエリア内にトイレを設置して欲しいんやけど。なんで大の大人がいちいち「トイレ行きたい」って言わなアカンねん。

ホテルに戻ったのは16時頃で、しばし、街ブラ。時間的に余裕のあるうちに、と、お土産も買った。さらに駅まで足を延ばし、帰りの電車賃がいくらかかるのかも聞いておいた。

18時半にボブがホテルに迎えに来てくれて、二人で晩飯へ。

『ROCK SALT』という初めてのレストランだったのだが、注文した『豚肉とエビとピーナッツの何ちゃら』はとてもアジアンテイストでなかなか美味しかった。

イギリスでアジアンテイストを経験したのは初めてやな~♪

ヨーロッパ出張・3日目

土曜日だし、時間も少々あるし、せっかくなのでちょろっと観光することになり、3人で8時半にホテルをチェックアウト。

車で近くの『サン=パンクラス(Saint-Pancrasse)』へ。
岩肌が切り立つ山を見ながら上の方まで行ったところで車を停め、軽めのトレッキングをすることになった。

1時間半も山道を登ったり下ったりすると結構キツくて、僕よりも5歳ほど年上で巨漢のボブはよくまあ歩けたなあ、と感心するほど頑張った。しんどそうだったけど。

カフェでレモネードを飲みながら小休憩し、そこからジュネーブへ。

かなり運動した後なので僕はウトウトしてしまったんだけど、一番しんどかったハズのボブに運転させるのは申し訳なかったなあ。

ちょっと時間があったのでレマン湖の畔で噴水を見ながら軽くランチ。しかしまあ、スイスは物価が高い。ホットサンドイッチとコーラで2000円である。

ここで次の街へ向かう若堀君と別れ、僕はボブと二人で飛行機に乗りヒースローへ。

で、さらにプリマスまで行かなアカンのだけど、またしてもここからボブに車を運転してもらう。3時間半もぶっ続けで運転する体力は凄いけど、やっぱり申し訳なかったなあ・・・まあ、僕にはどうしようもないねんけど。

ホテルまで送ってもらい、僕は近くのコンビニでサンドイッチとビールを買ってつつましやかな晩飯を食べたのであった。

ヨーロッパ出張・2日目

朝8時にホテルを出発して、ボブが運転するレンタカーで国境を越え、フランスへ。訪問先はジュネーブから約160kmのベルナンという田舎町である。

予定通り9時半過ぎに目的地に到着し、早速打ち合わせ開始。

相手の方々もとてもフレンドリーで、打ち合わせは何の問題もなく予定通り終了。
で、そこから車で数分の距離にあるホテルにチェックイン。

今宵は晩飯に招待してくれるということで、それまではホテルの部屋でのんびり過ごす。せっかくなので近くをぶらぶらしようにも、田舎町なので何もないのだ。

晩飯では結婚式以来20年ぶりにフォアグラを食べた。
元々レバーは苦手なんだけど、これはまあまあ大丈夫。美味しいと不味いが半々という不思議な感覚なので、ちょっとだけでいいかなあ。

メインは無難にハンバーガー(^^;。

他のメンツは健啖家揃いでデザートまで食べてはりました。

ヨーロッパ出張・1日目

今回は日本から僕と若堀君がイギリスのヒースローに飛び、そこでボブと合流してジュネーブに行くという段取りである。

一人の場合は「このチケットでラウンジ行けるんかなあ」とか「この場所で合ってるんかなあ」とか、モジモジしているうちにどうでもよくなって結局ゲート前の椅子に座ってスマホをいじるか本を読むかして時間を潰すのだが、海外出張に慣れている若堀君はてきぱきと僕を誘導してくれるのでとてもありがたい。

そもそも最初の伊丹空港で僕を見つけて「僕と一緒に行けばこちらからすぐにチェックインできますから」と、カウンターまでついてきてくれた。

基本的に親切な人なのである。

で、何の問題もなくヒースロー空港に辿り着いたのだが、ここで少し足止めを食らってしまった。
ヒースローからジュネーブ行きの飛行機が2時間も遅れたのだ。

ボブとも無事に合流できたものの、ホテルにチェックインしたのは夜中の0時。Door-to-Doorで26時間は新記録やなあ・・・疲れた。

それでは19日後に

元々今回のマネジメントミーティングに出席するためのイギリス出張は夏休みの前日に帰国予定だったのだが、前倒し日程が追加されることになり、自分にとっては珍しく9日間の出張である。

てことは、夏休み前の出社は今日が最終日ということになり、次に会社に来るのは何と8月19日になる。

なので、今日仕事が終わって事務所を後にすると、何だかもう一足早く夏休みに突入したと錯誤してしまいそうな感覚に陥った。

とにかくまあ、明日から気を引き締めて行ってきますのだ。

旅程変更てんやわんや

8日も前からてんやわんやしていた旅程変更の件だが、ようやく決着がついた。

変更はいいけど、訪問先とのスケジュールが交渉中とか、同行する予定のボブの旅程がまだ承認されていないとか、追加されたルートでの宿泊はどうしたらエエねんとか、飛行機チケットを変更したはいいもののやっぱりキャンセルになったら余計に面倒だし、とか・・・とにかくまあ、色々なことが確定していなくてヤキモキしていたのだ。

結局、イギリス経由でスイスに行き、一泊。
翌日フランスの訪問先で打ち合わせをしてフランスで一泊。
翌日スイスに戻ってそこから再度イギリスに渡り、その後は当初の予定どおり、ということになった。

同行する同僚に聞いたところによると、スイスでチーズフォンデュを食べると1万円もかかる、とのこと。
そう言えばスイスは世界で1位2位を争うくらい物価が高いと聞いたことがある。

はてさて、どうなるのやら。

保護中: メールはアカン

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

初スイス?フランス?

来月、イギリスに出張予定なのだが、ちょうど新規のサプライヤがフランスにあるのでついでに顔合わせを兼ねてちょっと打合せに行ったらエエやん、という話になってきた。

これまで色んな国に行ったけれど、フランスは行ったことがないので、そうなると楽しみではある――観光とかでけへんねんけどね。

で、旅程を練っていると、どうやら場所的にジュネーブから行くのが近いようで、そうなると初スイスということにもなる。

問題は一旦確定した飛行機チケットを変更したり、新しくホテルを予約したり、スイスからイギリスへ行くチケットを手配したり・・・と、個人的には苦手なアクションであり、同行する同僚に聞きながら、イギリスのボブにもメールしながら、何かもうすでに半泣き状態である。

まだ3週間ほどあるけど、もうすでに何もかも面倒になってきた。どうしよう。

大分出張・2日目

アカン。しんどい。咳が時折喉の奥底からドーンと湧き上がる。
が、熱があるワケでもなく、食欲もあり、朝食はちゃーんといつもより食べた(笑)。

今回の訪問先は社員20人の小さな会社なので、こちらの対応に2日間、3人が対応してくれたことがちょっと心苦しい。100人の会社だったら15人が対応って割合やもんなあ。

おまけに昨夜は接待してくれたし、今日、帰り際には何とお土産まで持たせてくれた。

どちらかというと我が社内部の方が開発管理がちゃんとできていないような状況なので、帰ったら色々と整備していかねば。

ちょっと時間があったので、大分空港内の無料足湯に20分ほど浸かった。

癒されるわ~(*^-^*)。

大分出張・1日目

昨日はそこそこ酔っぱらって扇風機をつけたまま首も回さずずーっと身体に風が当たる状態のまま眠ってしまい、朝起きたら喉が痛いっ!そして咳が出るっ!・・・ヤバいなあ。

久しぶりの国内出張の訪問先は大分で、個人的には高校時代の修学旅行以来ではないかな。

で、いざ家を出ようとしたら小銭入れが見当たらない!昨夜、さんざん呑んで、一体どこで落としたのか・・・あるいは家のどこかに置いたのか。

中身は小銭が1000円あるかどうかで、ギターのピックが5~6枚。まあ大したことはない・・・が、小銭入れ自体が嫁さんからプレゼントしてもらった数万円のブランド物なのになあ。

訪問先は社員が20名の小さな会社で、メインの対応者である部長さんの声や喋り方が芸人のザキヤマにそっくりで、なかなか個性的であった。

夜は社長さんに接待してもらい、この辺りの名産である『城下かれい』やその他魚が中心の美味しい料理をいただいた。

微増のボーナス

4月に部長になったとは言え、月給が上がるのは7月から。しかも北代取からは「ちょっとだけ上がるだけやけど」とは聞いていた。

で、今日はボーナスである。

たたたた確かに、ちょっと増えてはいた。が、これは昇格分なのかな(;^ω^)?

夕方の管理職の集まりでは社長が「去年と同額」と言っていた。ということは昇格分なの?

去年にも書いたけれど、ボーナスについては毎年「管理職以上は数%カット」だの「前年と比べると2%アップ」だの言われるが、そもそも「本来もらうべき額から」という言い方をしてくれないので、いつまでたっても「本来もらうべき額」が分からないのである。

で、2010年の夏のボーナスと比べてみると、33%増えている。なのにその間、ボーナス時の特別小遣いはずーっと10万円のままである。

ってことで、そろそろ12万円くらいもらってもええんちゃうん、と嫁さんに交渉してみましたー。

保護中: やっぱり資質を疑う件

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 事からマン参上

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タフな形態監査

前のJISQ9100には『形態監査』というものが要求されていて、改版された時にその要求事項はなくなったんだけど、我が社では継続して実施している。

で、担当の古田さんがその結果を持ってきたので、いつものメクラ印ではなく、内容を精査すると、あれよあれよとおかしな点がいっぱい。

一体何を見とんねんっ!・・・と言いたいのをグッと堪えて、一つ一つに付箋をしてコメントを書き、突っ返した。

「いつもよりシビアに見られてますね~」
と僕の席に来た古田さんに細々したことを説明している中で、3年前に外部審査で指摘された内容に近い不具合があったので「えっと~」とパラパラ要求書をめくり、サッと目的の条項を探し当てて、
「これは9100の要求ですからね」
と指し示すと、
「よくそんなに覚えてますね~」
と感心しきりの古田さん。

いやいや、これくらいのことをアナタにもやって欲しいんですけど・・・僕から部下に対する要求が厳しいのかなあ(;^_^A?

ダイバーシティ

今年は三人の大卒新入社員が配属された。うち一人は台湾人で、インターン生として昨年から同じ事務所で働いている。

ってことで、残りの二名に対して品質関係の新人教育を実施したのである――が、実は三人とも女性で、数年前から会社が『ダイバーシティ(多様性)』を目指すと宣言していた通り、国籍も性別も多様になりつつあるのだ。

昨今、世間ではセクハラとかパワハラとかマタハラとか色んなハラが話題になっており、よく考えたら――考えなくても――彼女たちは自分の子供と言ってもおかしくない年齢だし、こっちが緊張する(;^_^A。

慣れてきた頃に、ついつい「ライブ観に来て~」なんて言うと、何とかハラになってしまうんかなあ。

気を付けねば。

保護中: 制限はどこに?

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: もう追いつかれた

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

7月昇給のカラクリ

給料日だったが、やっぱり給料は上がっていない。
昇進だけさせておいて給料据え置きとは、何という会社だっ!!・・・いやいや、待てよ。そう言えば昇給は7月からって聞いたことがあるゾ。

ってことで過去の給与明細を見てみると、昇給があった年は確かに7月から微増している(微増ってのが悲しい)。

ならば、言い直さねば。

昇進だけさせておいて3ヶ月も給料据え置きとは、何という会社だっ!!・・・いやいや、待てよ。
そう言えば保険がどうのこうのと聞いたことがあるゾ。

ってことで調べてみると、7月昇給にすると社会保険料のアップを後ろ倒しにできるらしい。

つまり、4~6月の給与平均で保険料が決まり、その年の10~翌年9月まではその保険料が給与から控除されるってことで、4~6月の給与を据え置きにしておけば昇給による保険料アップが適用されるのは翌年の10月から、ということになるのだ!

なるほど、色々考えてんねんなあ。

保護中: 築78年

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

フォローアップ審査

AS9100という品質標準のフォローアップ審査があった。

これまでこんな経験はないのだが、聞くところによると、マイナーの不適合が4件以上だか何だかの時に実施されるらしい。

ちなみに今回は英国で2件、日本で7件もの指摘が挙がってしまっている。なぜならば、監査員がめっちゃ厳しい人だからなのだ。けどまあ、理路整然と説明してくれるので業務改善という視点から考えるととてもためになるのだが。

で、ホンマにしんどかったのだが、審査は予定通り朝から夕方まで実施された結果、たくさんの宿題をいただいた。

指摘事項をクローズさせるために、追加のエビデンスや説明を来週中に提出すること!・・・って、他の部門がちゃんと対応してくれるのか、とても心配。

どうしても「品証に任せときゃーええわい」という空気があるもんなあ。

とりあえず監査後に大急ぎでまとめの表を作り直し、英国の方にメールを送ったのだが・・・イースターだか何だかで英国は今日と来週の月曜日はお休みやんけーっ(;^ω^)!

結局、僕が頑張ることになる(多分)。

保護中: 据え置きのアレ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 無断か否か

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 4階級特進のナゾ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 自ら作り出した役割

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

韓国出張・3日目

海外の食事は当たりはずれが大きいが、韓国も同じ。

午前中の仕事を終え、取引先の車で空港へ向かう途中で早めの昼飯にすることに。

日本語ができる運ちゃんは「どれがいいですか?」と訊いてくれるが、ハングルなんて読めないし、何があるか訊くと「冷麺と、チゲと・・・」と言うので冷麺にすることにした。本場のチゲなんて辛すぎて食べられないんじゃないか、と思って。てか、2択かいっ!

冷麺は食べられないことはなかったが味は薄く、そんなに美味しいものでもない。てか、肌寒い気候なのにこんなん頼むんじゃなかった!

チゲを注文した部下の藤林君(この人はホルモンでも何でもどしどし食べる)は美味い美味いと食ってるし、運ちゃんの混ぜご飯(何て言うんかな?)もちょっと分けてもらうと美味しかった。

う~む。

ひょっとしたら来年また来ることになるかも知れないが、次回があるとすれば、事前にもうちょっと韓国料理を覚えておこう。

Home > 会社のこと Archive

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 12月 2019 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top