Home > プライベート > ゆるキャラマラソン

ゆるキャラマラソン

応援クリックお願いします⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへblogram投票ボタン

長居競技場で開催された『第一回ぱんどせるゆるキャラマラソン』に参加したのだ。

ずい分昔、それこそ20代後半の頃に会社の上司に誘われてリレーマラソンに参加したことはあるんだけど、自主的にマラソン大会なるものに参加するのは初めて。娘ちんの熱がまだ下がらないので一人で(^-^;)。

受付締切の30分前に到着すると、競技場内にゆるキャラたちが屯していたので思わずパチリ。

ゆるキャラ

尼崎市発のちっちゃいオッサンがTVで見る通りの面白い話術で人気を攫っていた(笑)。

周りの参加者たちはかなりちゃんとしたランナーの格好をしていて、いかにも走りそうだったが、僕は別にランナー用ではない普通の長袖Tシャツと長パンツ。

準備運動を経ていよいよスタート。距離は10kmで、長居公園をぐるっと3周。

これまで、会社から家までの11kmジョギングの最高タイムは1時間5分15秒なので10km時点ではギリギリ1時間を切る計算になるが、実は3日前に走った時にはしんどくて10kmちょうどでジョギングを中止、タイムは1時間3分ほどであった。

となると、目標は1時間を切ること、となる。

ところが走り出して1km地点、アプリが僕に告げたペースは5分5秒であった。

は、速すぎるっ!!

10kmを1時間となると1kmあたり6分で走らなければならない。こんなペースでは最後までもたない。ついつい周りのペースにつられたと思った僕は故意にペースを落とした。

2km地点で5分20秒くらいに落ちたが、それでもまだ速い。が、何とかなりそうな気がしたのでそのペースを保つことにした。

走っていると、同じくらいのペースで走るランナーとずっと一緒に走ることになるので、ついついライバル視してしまう。

僕のライバルは、バリバリのランナーの格好をしている兄ちゃんと、僕と同じような恰好でさらにはフォームがちょっとダサい姉ちゃん。

そのまま二人を追いかける形で何とか8km地点までついて行ったが、相変わらずペースは5分15秒程度。このままいけそうな気がしたので、僕はペースを上げて二人を抜き去った。

残り1kmで再び二人に抜かれる。兄ちゃんには追いつけそうもなかったが、姉ちゃんはかなり限界にきている感じだったので、競技場に入る前に再度抜き返し、そのままゴール。

タイムは52分21秒(ノ゜⊿゜)ノ!!

何とまあ、とんでもない自己記録である。確か、高校生の時の10kmのマラソン大会では1時間くらいのタイムだったので、高校生の自分を大幅に超えてしまった。

思うに、会社から家までの11kmジョギングは途中に長い階段もあるし、信号で少しペース調整を余儀なくされることもあるし(赤に変わる前にダッシュしたりとか)、さらには高低差もある(家までは長~い上りとなる)。

フラットでの10kmだと――さらに本気で走ると――こんなタイムが出せるんやねぇ。

結果に大満足して、すぐさま筋肉痛が始まった足を引きずりながら家路についたのであった。

Home > プライベート > ゆるキャラマラソン

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 2月 2014 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top