Home > Tags > パブ

パブ

陣中見舞い

コロナウイルスの騒ぎで閑古鳥が鳴いているライブハウスやミュージックパブが多いようで、陣中見舞いということで久しぶりにTrenoiseへ行くことにした。

ノー残業推奨デイなので早めに会社を出て、まずはアルコール度数9%の缶チューハイ500mlで外呑みし、お店に着いたのは19時40分頃。ちょうど、トレさんがお店にやってきてドアを開けようとしているタイミングであった。

昨日トレさんの誕生日だったので、小さなワインをプレゼントとして持って行ったものの、ほぼ反応なし(;’∀’)。まあ、こういう人なので別にええねんけど。

ビール2杯とハイボールを1杯呑むとかなりいい感じに酔ったのだが、トレさんがカバランをワンショット奢ってくれた。こういう、気前のいいところもある人なのだ。

このカバラン、昨年台湾に出張に行った時に初めて呑んだのだが、世界中で絶大な評価を獲得しているプレミアムウイスキーで、本当に美味しい。

かなり酔っ払ってしまい、22時過ぎに帰宅したんだけど、呑んできたことは嫁さんにバレてないんやろか(;^ω^)。

連続のドンピシャ

なんだかんだでしばらくGALWAYに行っていないなあと、今年はすっかり出不精且つ人見知りになっている僕は1ヶ月ぶりにお店に向かった。外からさっと覗くと誰もいないようだったので一旦引き返したが、やっぱり行こうと気を取り直して店内に入ると、一人だけ常連さんがいた。

ほどなくもう一人がやってきて、三人でオープンマイクが始まったが、やはり僕のモチベーションはそれほど高くなく、かてて加えてボーカルがとんでもなくアカン。自分、こんなに歌が下手やったっけ?とイヤになるくらいの出来であった。まあ、練習してないので仕方ないのだが、何だか悪循環である。

一息入れようと店の外に出て煙草を吸っていると、嫁さんからメールが入った。今宵はイレギュラーで娘ちんの塾があったらしく、迎えに行かれへん?とある。

弾き語りにあんまり気が乗っていなかったので渡りに船のとばかりに1時間ほどでお店を後にしてバスに乗ると「今、電話があったからやっぱり私が迎えに行く」と連絡が入った。

もうバスが発車してしまったが、まあええか。

駅前に近付くと、ちょうど前から嫁さんの車がやってきたので、一瞬でバスを降り、車に乗り移り、家に帰ったのであった。

やっぱり、家が良いなあ。今年はどうしたんやろか。

いきなりセッション

数えてみたらもう12日間もギターに触っていないのだ。個人的仕事納めとしてTREKに行って以来である。ちなみにピアノも3日前に5分ほど触っただけなのだ。

なので、新年の挨拶がてら迷わずGALWAYへ。

常連さんが一人ぽつーんといただけで、リハビリにはちょうどいいわい、と思っていたらもう一人。

さらに、一見さんのようなサラリーマン集団4人が来店し、この人たちのノリが良くて、常連音友さんとこの人たちのうちの一人がドラムでいきなりのセッションである。

4人のうちの一人の青年がやたらと親しげに話しかけてくれて、自分は楽器ができないからとリクエストもしてくれて、結局ピアノで3曲、ギターで4曲もやった。

ただ、ここ最近人見知り病が発症しているようで、早めに撤退。楽しかったんやけどなあ。

Home > Tags > パブ

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 3月 2020 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top