Home > Tags > 通勤

通勤

朝の突発的ジョギング

何も朝っぱらから積極的にジョギングを始めるぞ!と走り始めたワケではない。

毎朝、7時8分の電車に乗る。家を出るのは6時56分。速足で歩けば10分の距離だが、12分見ている。
時々、家を出るのが57分とか、たまに58分になったりして、その時は慌てて家を出て、小走りで駅まで向かう。

が、今朝は家を出ようと思った瞬間にお腹が痛くなってトイレに行き、何とまあ家を出たのが7時ジャスト。こんな時間に家を出たのは初めてである。

ってことで、ほぼ歩くことなく駅までジョギングする羽目に陥ったのだが、無事に間に合った。

高々1km弱の距離なのに久しぶりに走ったので息が切れまくったのであった。

一番イヤな季節

夏が大好きなのである。嫌いという人も多いだろう。炎天下でだらだら汗を流すのなんて、サイコー。

で、夏から秋に向かうこの季節が、実は一番イヤな季節なのだ。この季節が一番好きという人も多いだろう。

気温的には過ごしやすくなり、身体的には快適になりつつあり、そこは特に反論する部分はない。

問題は、僕は汗っかき、ということなのだ。

じっとしていれば問題ないのだが、中途半端に涼しくとも、ちょっと歩くと暑い。

例えば、会社から駅まで15分ほど歩いただけで汗だくになってしまい、電車に乗ってももはや冷房が入っている季節ではなく、車内で余計に汗が流れ、周囲の人たちからは「こんなに涼しいのにこの人はなんでこんなに汗かいてんのや?」という目で見られるのが恥ずかしいので今日も普通電車に乗って倍の時間(と言っても、普段10分が20分になるだけ)をかけて帰ってきたのであった。

普通電車なら混んでないし座れるし、周りの人との距離が開くし、そのうちに汗が引くのである。

電車でカップスープ

会社の帰り、ドアが閉まる寸前に二人の二十歳前後と思われる二人の女の子が車内に入ってきた。

よく見ると、一人が何とカップヌードルを手にしている!・・・さらによく見るとカップヌードルではなく具がたっぷり入ったカップスープだったが、そんなことはどうでもいい。

カップの蓋がシールで留められており、それを剥がすと湯気が。
つまり、お湯を入れたまま。つまり、今から食べるってこと。

もう一人は手にあんまんを手にしていたが、これくらいはまだ許されるレベル。
ドアに凭れて友達とギャーギャー喋りながら立ったままカップスープを電車の中で食べるこんな女の子の親の顔が見てみたいわ。

電車が駅に着くと、食べている途中のカップを持ったまま降りていったので、おそらくそのままホームで食べ続けたのだろう。

何だかなあ。

Home > Tags > 通勤

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 5月 2018 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top