Home > Tags >

3人のクリスマス

家に帰ると、最近調子が良くなさそうだった娘ちがついに発熱した、とのこと。38度3分あり、二階の自室に隔離である。

嫁さんはいつものようにクリスマス仕様の料理を用意してくれていたし、2号ちんもシャンパン風のジュースが飲めるとウキウキ気分でいたけれど、やっぱり一人欠けると物足りないし一緒に過ごせない娘ちんが可哀想やなあ。

ちゃんとクリスマスケーキまで食べたが、ピアノでクリスマスソングを弾くようなことは、今年はなし。

しばらくすると娘ちんが一階に下りてきてうどんをすすっていたが、熱は37度前半まで下がってきたようで、ちょっと元気が出てきたみたいだったので、とりあえずは一安心かなあ。

で、ちゃっかりと「サンタの代わりにクリスマスプレゼントをください、『鬼滅の刃』という漫画が欲しいです」などと書かれた手紙を僕に手渡したのであった。

2号ちんにはサンタから子供用にデジカメ。

書籍の断捨離

自宅の年賀状を作成していると、大掃除を早めに小まめにやるねん、と嫁さんが書籍の断捨離を始めた。僕の本以外の。

娘たちが幼稚園時代や小学校低学年の時の雑誌はいいとして、対象に選ばれた本の中には娘ちんの教科書がたくさん。

いくら中学時代の教科書だと言っても、当時から平均点も取れずにいたのに、捨ててもいいんかなあ?

地理は受験では選択しないからいいけど、日本史の資料はどう考えても要るんちゃうの。

ん?これ、高校の教科書やんけ!娘ちん、まだ高校1年生やんけ!いくら授業が終わったからって、これは捨てたらアカンやろ!

・・・とまあ、教科書を捨てる、ということ自体に抵抗があったのだが、娘ちんに「ホンマにこれらの教科書捨てるんか?」と訊いてみると、「中身を確認してなかった」とのこと。

どんなけいい加減やねん。

二人のバカ娘

家に帰ると娘ちんが「おとうさん、やっぱり詐欺やったかも」と言う。

例の、チケットの話である。

見ず知らずの人とTwitter上でチケットの売買をするという時点で怪しいとは思っていたし、たとえ娘ちんが「ブラックリストに載ってないか調べたし、その人のアカウントの悪い噂がないかも調べたので大丈夫」とは言っても、騙す方は用意周到に新しいアカウントを作るだの口座を開くだのなんぼでも手を打ってくるだろう。

なので、やっぱりな、という感想のみで特に驚きもしなかった。

メッセージを送っても全然返信がない、というので、本当に詐欺か何か事情があるのかは分からないが、まあ、高い授業料を払うことになったと思い知るのもいい経験だろう。

一方、2号ちんはDSを外に持ち出してちょっと遠い公園に遊びに行き、帰りはちゃんと鞄に入れたハズなのにない、と騒いでいる。

こんなバカ娘二人の親の顔が見たいわい(;^ω^)!

Home > Tags >

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 1月 2020 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top