Home > Tags >

S台で決まり

娘ちんがいよいよ高校一年生になり、塾をどうしようかと遅ればせながら3月20日を過ぎてから考え始めたのだが、その間に2回ほど検定試験を受けたS台に決定。

とは言っても試験に合格したワケではなく、目指していたより一つ下のクラスへの入塾である。

予想通り、こういう塾に通う生徒の中では平均以下なのよなあ。最初からこんなクラスにいてて国公立大学なんて受かるのじゃろか。

しかしまあ、授業料が高い。個別ではなくて集団受講なのに、こんなに高いのか。

どうせまた別口で夏期講習やら冬期講習も受けることになりそうなので、そうなれば年間50万円を超えまっせ、奥さん!

・・・ま、しゃーない。とにかくちゃんとやって欲しいなあ。

逆転の体験授業

娘ちんは中3の間は個別指導の塾に通わせていたのだけれど、どうも合わないのかこんなものなのか、成績が劇的に上がるワケでもなく、高1からは集団授業の塾に通わせようと思っている。

ってことで、今日は駿台の体験授業へ。

スーパーSとかいうクラスで、おそらく娘ちんには難しすぎるだろうなあと思っていたのだが、数学の授業が終わって一緒に昼飯を食べていると、思いのほか簡単だった、とのこと。

たまたま今日の単元は理解していたのか、本当に簡単なのかは分からんけど。

午後からは英語だったので、最近英検準2級に合格した娘ちんにとってはこちらも簡単なのかも、と思っていたら、まだこの上のクラスがあるのかと思うほど難しかった、とのこと。

う~む、まったく逆の見込みになってしまった。

さて、どうしよう――てか、どちらとも理解度チェックのテストがあったので、その結果を見てからやなあ。

合格祝賀会

娘ちんはまだ37度くらいの熱があったのだが、せっかくなので塾で開催される『合格祝賀会』なるものに行った。

入試の直前は『決起集会』があったけど、入試が終わってまでこういうイベントを企画するなんて、塾も大変だなあ。

「2時間も何するんやろ~?勉強とかさせられたらイヤやなあ」と、行く前に戦々恐々としていた娘ちんだったが、クイズ大会とかビンゴゲームとか、さらにはお菓子食べ放題で楽しかった、と帰ってきた。

あんまり他の子と喋らなかったと言ってたが、塾生のほとんどは3年生とか4年生から通っている子ばかりなので、そこに割って入るだけの親しい友達がいないのだろう。そう考えると、本当によくまあ1年間通っただけで合格したものである。

先生が「受験前は“合格したら薔薇色の生活が待ってるから頑張れ!”って言ったけど、あれはウソや。これからがまた大変やで」って言ってた~というのを聞いて笑った。

そうやね。これが人生のゴールじゃないからね。

Home > Tags >

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 6月 2019 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top