Home > Tags > ギター

ギター

パプリカ

2号ちんが『パプリカ』の楽譜を書いてくれ、と言う。訊くと、今月末に学校にギターを持って行って演奏するらしい。昨年末にはクリスマスを弾いたりもしたらしい。

YouTubeで聴いてみると、子供向けの歌という感じで、2020年オリンピックの応援ソングらしい。学校で習っていて2号ちんはほとんど空で歌える状態である。

ならば、メロディを弾くよりもコードを弾いて歌う・・・つまり、弾き語りをやった方がエエんちゃうん。みんなも歌えるし。

ってことで、コード譜を書いた。もちろん、2号ちんはコードなんてほとんど知らないし、中には難しい押さえ方をするコードもあるので、どうやって単純化したらいいか考えながらとりあえず書き上げた。

珍しく集中して2時間くらい練習していた2号ちんは、最初の半分くらいまで、結構弾けるようになっていた。

月末までに、間に合うかな?

戸惑う自由時間

この土日も音楽の予定はなく、今日の2号ちんの付き添いも僕がするつもりだったのだけれど、歯医者やら何やらイレギュラーな予定も組み込まれているので嫁さんが付き添う、と。

いきなり朝の10時半から18時まで自由時間ができてしまったものの外に遊びに行けるワケでもなく、読書したり録画していたしょーもなバラエティを観たり学校から帰ってきた娘ちんの昼食の用意をしたりギター弾いたりピアノ弾いたり風呂掃除をしたりしているうちに嫁さんと2号ちんが帰宅。

もっと前もって言っててくれたら、昼限定の音楽イベントに出掛けたりもできたかもなーと思いつつ、まあ、たまにはこういうのもいっか、と思いながらビールを呷ったのであった。

蘇ったギター

いつものGALWAYでのオープンマイク。
しかし今宵はいつもと違う。
弾き語りよりも、調整が完了したギターを引き取るのがメインの目的なのだ。

音友のkamiさんは器用で色んなことをされる方だが(演奏の他に、写真とか、絵とか)、ギターの調整もまるで趣味のようにされている。

何をどないしてんのか僕には全然分からないが、今回は弦やその他のパーツも新しくしてくれたのに、ほぼ実費のみで請け負ってくれた。つまり、技術料を取られていない。

ギター修理屋さんでやってもらうとすれば預けに行ったり取りに行ったりするのも面倒だし(GALWAYだと通勤途中なのでその手間がゼロ)、それなりの料金も取られる。

いやあ、本当にラッキーな話だなあ。

で、肝心のギターはと言うと、問題のビビりもなくなったし、音が綺麗になったし、外観まで磨き上げられていた。

感謝、感謝。

Home > Tags > ギター

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 4月 2019 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top