Home > Tags > 植物園

植物園

スープでほっこり

娘ちんのピアノ教室が休みだし、紅葉を観に行こうということになり、去年と同じく神戸森林公園に行くことになった。

去年は12月に入ってから行ったので寒かったよな~と、思っていたら、今年よりも一週間近く前に行ってたのな。

今年のお弁当はサンドイッチ。昨年ほど寒くなかったけれど、お日さんが隠れるとやっぱり少し寒い。
嫁さんがポット二つに熱湯を入れ、粉末スープを持ってきていたのがヒットで、体が温まった。

さすが、我が嫁(ここぞとばかりに褒めておこう)!

子供たちが遊具で遊び倒したので、園内の散歩ルートを歩き始めた時にはすでに薄暗くなっていた(;´▽`A“。
けどまあ、紅葉は終わりかけだったし、軽く一周回った後にはイルミネーションで飾られた色んなオブジェが見られたのでよしとしておこう。

いよいよ冬だなあ。

はじめてのおつかいごっこ

娘ちんのピアノ教室の後、神戸森林植物園へ。2年ぶりか。
今年は寒くて、外でお弁当を食べるのも限界に近かった。紅葉も後半戦。

娘たちは広場で嬉々として遊び、そろそろ帰ろうかということになって、先に嫁さんがトイレに行くと言って広場からはかなり離れた建物に向かった。

ところが、帰ろうと言ってもすぐに言うことを聞く娘たちではない。
すると「私が言い聞かせるから」と、娘ちんがお姉ちゃんらしく2号ちんの元へ向かったので様子を見ていると、一緒に遊具で遊び始めた。

何度か滑り台で遊ばせてから引っ張ってくるのかなと思って見ていたのだけれど、2号ちんはなかなか遊びをやめない。

僕はシビレを切らして――隠れた。

娘ちんは僕がいなくなったことに気付き、2号ちんの手を引っ張って遊具から離れるが、2号ちんは泣き喚く。
どうするのかなと思っていたら、そのうち娘ちんは2号ちんをおんぶした。まるで『はじめてのおつかい』ではないか。

そのまま広場を横切っていく娘たちの後方から、僕はゆっくりと見守りながら後をつける。

途中でおんぶをやめて、手をつないで歩く娘二人。2号ちんも泣き止んでいる。カワイイなあ。

嫁さんが向かった建物までの行き方が分かるのかなあと思って、なお隠れながらついていくと、長い階段を下りた娘二人は隣の駐車場へ向かった。
どうやら、車がまだあるかを確かめに行くらしい。

しかしまあ、よく車をどこに停めているか分かるもんだ、と感心しながら様子を窺っていると、僕も嫁さんも車にいないことを確認した娘ちんは後戻りを始めた。

で、見つかった。

どんな気持ちで行動していたのか訊いてみると、不安はなかったけど、僕や嫁さんが迷子になっているのではないかと、そっちの方が心配だったらしい。

いやはや、娘ちんもしっかりしてきたんだねえ。

薄暮の紅葉

約1年ぶりに、神戸市立森林植物園に行った。あの時は2号ちんが嫁さんのお腹にいたんだなあ。

紅葉を見るのが目的だったのだけど、1時頃に到着して、それからお弁当を食べて、広場で娘ちんと遊んでいると、あっと言う間に4時近くになった(^-^;。

ひえええ、閉園は5時やっちゅーねん。急いで散策せな、紅葉が見られへんっちゅーねん。

ベビーカーでぐーすか寝ている2号ちんももちろん一緒に少し早足で歩き始めると、30分ほどで2号ちんが起きてしまった。すぐさま、泣く。しかも、もう薄暗くなってきている。

肝心の紅葉をゆっくり楽しむ時間もなく、お手軽コースを1周して帰ってきたらもう真っ暗(笑)。何しに行ったんじゃい。

Home > Tags > 植物園

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 10月 2018 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top