Home > プライベート > 辞書のような本

辞書のような本

応援クリックお願いします⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ

一昨日、2号ちんと図書館に行った時についつい本を借りてしまった(って、時々借りますけどね)。

京極夏彦という作家名はこれまでに聞いたことがあるし、家にも一冊、ある。が、まだ読んでいない。

いつも和服を着てイキッているイメージがあり、著書は分厚いものが多く、何となく敬遠してたのだけれど、ついに手を出してしまった。

『ひとごろし』という作品で、図書館でパラパラっと最初の方を読んでみるとホラーとかではなくて土方歳三が主役の歴史物みたいだったので借りてみたのである。

これがまた分厚い。1000ページ超えとるがな。辞書かいな。

こんなん持ち歩けるけーと思ったが、持ち歩かないと――つまり家読みだけでは――1000ページも読めないので鞄に入れて通勤したけど、ホンマに重いやんけーっ!

しかしまあ、クセもなくめっちゃ読みやすい。頭エエ人なんやなーというのが良くわかる文体である。京大出やしな。

Home > プライベート > 辞書のような本

閲覧制限について

いくつかの記事に閲覧制限をかけています。いつか制限解除するかも知れませんが、期限は未定。

僕に何らかの手段でアクセスできる方にのみ、閲覧可能なパスワードを開示します。

詳しくはコチラの記事をご参照ください。

Calendar
« 2月 2019 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
タグクラウド
RSS 家庭内外暴露日記のフィード
QRコード
携帯からアクセス♪
QRコード
Ranking

  • seo


Counter


ジオターゲティング

Started to count from
2008.10.01

Return to page top